完敗:シャルケがマンチェスターでの試合で7失点

 FCシャルケ04のチャンピオンズリーグ敗退が決まった。既にラウンド16の1stレグでマンチェスター・シティに2-3で敗北していたシャルケは、3月12日(火)の2ndレグでイングランド王者相手に大敗を喫した。エティハド・スタジアムで行われたこの試合の最終スコアは7-0で、ホームチームが勝利を収めた。

カリジュリとナスタシッチが欠場

 ドメニコ・テデスコが事前に予告していた通り、マンチェスター・シティとのアウェイ戦でシャルケのゴールに立ったのはラルフ・フェアマンだ。直近のブンデスリーガ戦でゴールを守っていたアレクサンダー・ニューベルはベンチスタートとなった。シャルケはダニエル・カリジュリ(靭帯結合部の損傷)とマティヤ・ナスタシッチを欠いてこの試合に臨んだが、後者は前日の最終トレーニングで足を負傷したため、急遽欠場が決まった。

アグエロが2得点、リロイ・ザネが1得点

 エティハド・スタジアムで行われた試合の最初の30分は特筆すべきシーンのないまま時間が過ぎた。両チームのDF陣は安定した守りを見せ、この間に危険なチャンスを作ったのはセルヒオ・アグエロのみ。同選手は右サイドのスターリングのクロスから至近距離シュートに持ち込んだが、ボールは右ポスト外側に当たった(14分)。しかし試合開始から35分、同選手がPKを決めてシティズンズを沸かせた。だがこのPKの決定には時間がかかった。ベルナルド・シウバに対するジェフリー・ブルーマのファールという主審クレメント・トゥルパンの判断にVARが介入。協議は数分間続いたが、最終的に主審の決定は覆されなかった。

 その3分後、スターリングのヒールパスから再びアグエロがゴールを決める。ここでもVARが介入したが、スターリングはオフサイドでなかったことが明らかになり、マンチェスター・シティの得点はそのまま認められた。追加点を決めた後も攻撃の手を緩めないホームチームは、オレクサンドル・ジンチェンコが左サイドからパスを出し、リロイ・ザネに繋ぐ。この元シャルカーは落ち着いてファーサイドにグラウンダーのシュートを決めてリードを広げた(42分)。

シティが後半も速いテンポを維持

 後半に入っても、リロイ・ザネは積極的にシャルケ・ゴールに向かって攻め入る。同ドイツ代表は試合再開から6分後にシュートを放つが枠外。その3分後にはシャルケのゴールネットを揺らしたものの、これはオフサイドで無効となる。56分、スターリングが右足でシュートを決めると、再び試合が一時中断する。だがVARの確認後、このスターリングのゴールも認められた。

 これで4-0となった後も、マンチェスター・シティは士気を高く保ち、前に向かって連係する。そしてここから再び追加点が生まれたが、リロイ・ザネがまたしても得点に絡む活躍を見せた。同選手が左サイドから中央目掛けてクロスを上げ、ベルナルド・シウバがゴール約10m前でフィニッシュに持ち込み、5-0とする。更に78分、途中出場したばかりの18歳のフィル・フォーデンがフェアマンをかわして得点。ここでもアシストしたのはザネだった。そして84分、同じく途中出場のガブリエル・ジェズスが右サイドからニアサイドに突き刺してマンチェスター・シティに更なる追加点をもたらし、最終スコアを7-0とした。こうしてシャルケはラウンド16でチャンピオンズリーグを敗退することとなった。

おすすめの記事

S04MCI_04

2-3 – 後半終盤の2失点でマンチェスター・シティに敗北

 2月20日(水)、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント・ラウンド16の1stレグ、マンチェスター・シティ戦に臨んだシャルケはホームでの勝利を逃した。同試合で先制ゴールを許したS04はナビル・ベンタレブの2度のPK成功で一時は逆転に成功するも、後半終盤に2失点を喫して敗戦した。

181211_spielbericht

シェプフがアディショナルタイムに得点 ― シャルケが1-0でモスクワを下す

 FCシャルケ04はチャンピオンズリーグ・グループステージ最終戦を勝利で締めくくった。 12月11日(火)のロコモティフ・モスクワ戦でアレッサンドロ・シェプフがアディショナルタイムに最終スコアを1-0とする決勝点を挙げた。シャルケは既に同対戦前、ラウンド16進出を決めている。反してロシア暫定王者の欧州トーナメントはこの敗戦で幕を閉じることとなった。

porto_12

ポルト戦で敗北も、シャルケのCLラウンド16進出決定

FCシャルケ04は11月28日(水)、敵地でFCポルト相手に1-3の敗北を喫したものの、チャンピオンズリーグ・ラウンド16への切符を手に入れた。同日の早い時間帯に行われた試合で、ガラタサライがロコモティフ・モスクワに0-2で敗北したためだ。このため、エスタディオ・ド・ドラゴンで試合開始の笛がなる前に、シャルケのグループステージ突破が確定した。しかしグループステージ6試合中5試合を終えた現時点で、ポルトの勝点を越えることは不可能となったため、シャルケがグループ首位となる可能性は断たれた。

Galatasaray_17

ガラタサライに2-0 - シャルケはラウンド16へ向け一歩前進

 11月6日(火)のチャンピオンズリーグ、ガラタサライSKとの一戦でギド・ブルクシュタラーとマーク・ウートがゴールを決めシャルケに勝利をもたらした。トルコ絶対王者相手に勝点3を奪ったことで、グループリーグ首位突破の可能性が高まった。シャルケは第4節を終え勝点8ポイントを手にし、これにより3位ガラタサライとの勝点差を4ポイントに広げている。