2-3 – 後半終盤の2失点でマンチェスター・シティに敗北

 2月20日(水)、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント・ラウンド16の1stレグ、マンチェスター・シティ戦に臨んだシャルケはホームでの勝利を逃した。同試合で先制ゴールを許したS04はナビル・ベンタレブの2度のPK成功で一時は逆転に成功するも、後半終盤に2失点を喫して敗戦した。

マスカレルは出場停止、カリジュリがスタメン復帰

 ブンデスリーガ第22節を累積警告で出場停止処分を受けたダニエル・カリジュリが昨季プレミアリーグ王者との一戦に向けた先発に再び名を連ねた。オマール・マスカレルは累積警告で同試合のメンバーリスト外。加えてゴールレスドローで終わったSCフライブルク戦から3名のメンバー変更が行われた。守備的なフォーメーションを採用したドメニコ・テデスコはアミーヌ・アリ、アフメト・クトゥチュ、ラビ・マトンドを外してジェフリー・ブルマ、ナビル・ベンタレブ、ハムザ・メンディルをスタメンで起用する。

ベンタレブが2度のPKを成功させる

 キックオフからマンチェスター・シティがボールを保持し、シャルケは守備的のプレーを強いられた。7分、最初のチャンスはアウェイチームが左サイドのFKからトリックプレーを採用して最後はセルヒオ・アグエロが頭で狙うも、ラルフ・フェアマンがファインセーブでCKに逃れる。10分過ぎからシャルケも守備ラインから攻撃を組み立てる。しかしフィニッシュまでは辿り着けない。ここまで優勢に試合を進めたマンチェスター・シティが16分にケヴィン・デブルイネの強烈なミドルシュートでゴールを狙う。だがここもフェアマンが正面でキャッチ。だが18分、しっかりと相手の攻撃に対処していたシャルケはミスから先制点を奪われてしまう。フェアマンがサリフ・サネに送ったパスをダビド・シルバが掻っ攫い、ゴール前にいたアグエロへお膳立て。同アルゼンチン人選手は無人のゴールへボールを蹴り込んだ。その前のプレーでマーク・ウートが空中戦の競り合いで倒されていたが、VAR判定後に同先制ゴールが取り消されることはなかった。

 1点のビハインドを追いかけるシャルケは25分、マーク・ウートがギュンドアンのバックパスをインターセプトしてドリブルでペナルティーエリア手前まで駆け上がり、得意の左足でコースを狙ったがわずかにゴール左に外れた。さらに33分、ダニエル・カリジュリが右サイドからカットインをして左足を振り抜く。シュートはゴール前のオタメンディの腕に当たってコースが変わりCKとなったが、数分間を要したVAR判定の結果はシャルケのPKだった。PKキッカーを務めたナビル・ベンタレブは冷静にゴール右にボールを蹴り込み、シャルケは試合を振り出しに戻す(38分)。

 勢いに乗ったS04は前半終了直前に逆転に成功する。ホームチームは敵陣内右サイドからFKを得て、ダニエル・カリジュリがゴール前にボールを送る。そしてフェルナンジーニョがゴール前に走り込もうとしたサリフ・サネを倒して主審カルロス・デル・シェロ・グランデはS04に次なるPKを与えた。キッカーは再びベンタレブ。シャルケ背番号10はゴール左ネットを揺らして、ついにシャルケが試合を引っ繰り返した(45分)。ハーフタイム直前、スコアを2-2とするチャンスがベルナルドに訪れたが、同選手が放ったシュートはゴールバーの上に外れた。

数的不利のシティが試合に勝利

 後半も前半同様にマンチェスター・シティが試合の主導権を握り、左サイドをのスターリングを中心にシャルケゴールを襲い続ける。トラップでシャルケ守備陣を突破したアグエロ(53分)、強烈な左足シュートを放ったギュンドガン(56分)が同点まであと一歩まで迫った。果敢にシャルケペナルティーエリア付近までボールを運んでいたマンチェスター・シティだったが、68分に途中出場のギド・ブルクシュタラーへファールをしたオタメンディがこの試合2枚目のイエローカードを受けて退場処分となり、シャルケは数的優位に立った。

 1人少なくなったアウェイチームはデブルイネのFK(74分)、ベルナルドのミドルシュート(77分)がシャルケゴールを襲うも得点とはならず。その後は膠着状態が続き、試合終盤を迎える。

 そして残り5分間はシャルケにとって悪夢の時間となった。85分、途中出場を果たした元シャルケ選手レロイ・サネがゴールから24m離れた位置のFKを直接ゴールネットに叩き込んだ。そして後半アディショナルタイム直前、GKエデルソンからのロングパスを右サイドで受け、バスティアン・オツィプカを振り切ったスターリングがフェアマンとの1対1を制して勝ち越しゴールを決めた。5分間の後半アディショナルタイムでシャルケはパワープレーを試みるも実を結ばず、1stレグは苦い逆転での敗北となった。

S04は23日(土)にアウェイでマインツ05と対戦

 マンチェスター・シティとの2ndレグは日本時間3月13日(水)現地時間5時00分からエディハド・スタジアムで開催。今夜の試合で敗れたシャルケだが、来月の一戦ですべてが決まる。しかし今はブンデスリーガ第23節1.FSVマインツ05戦(2月23日)にすべての集中を注ぐ必要がある。キックオフは日本時間23時30分、試合会場はオペル・アレーナだ。

おすすめの記事

city_10

完敗:シャルケがマンチェスターでの試合で7失点

 FCシャルケ04のチャンピオンズリーグ敗退が決まった。既にラウンド16の1stレグでマンチェスター・シティに2-3で敗北していたシャルケは、3月12日(火)の2ndレグでイングランド王者相手に大敗を喫した。エティハド・スタジアムで行われたこの試合の最終スコアは7-0で、ホームチームが勝利を収めた。

181211_spielbericht

シェプフがアディショナルタイムに得点 ― シャルケが1-0でモスクワを下す

 FCシャルケ04はチャンピオンズリーグ・グループステージ最終戦を勝利で締めくくった。 12月11日(火)のロコモティフ・モスクワ戦でアレッサンドロ・シェプフがアディショナルタイムに最終スコアを1-0とする決勝点を挙げた。シャルケは既に同対戦前、ラウンド16進出を決めている。反してロシア暫定王者の欧州トーナメントはこの敗戦で幕を閉じることとなった。

porto_12

ポルト戦で敗北も、シャルケのCLラウンド16進出決定

FCシャルケ04は11月28日(水)、敵地でFCポルト相手に1-3の敗北を喫したものの、チャンピオンズリーグ・ラウンド16への切符を手に入れた。同日の早い時間帯に行われた試合で、ガラタサライがロコモティフ・モスクワに0-2で敗北したためだ。このため、エスタディオ・ド・ドラゴンで試合開始の笛がなる前に、シャルケのグループステージ突破が確定した。しかしグループステージ6試合中5試合を終えた現時点で、ポルトの勝点を越えることは不可能となったため、シャルケがグループ首位となる可能性は断たれた。

Galatasaray_17

ガラタサライに2-0 - シャルケはラウンド16へ向け一歩前進

 11月6日(火)のチャンピオンズリーグ、ガラタサライSKとの一戦でギド・ブルクシュタラーとマーク・ウートがゴールを決めシャルケに勝利をもたらした。トルコ絶対王者相手に勝点3を奪ったことで、グループリーグ首位突破の可能性が高まった。シャルケは第4節を終え勝点8ポイントを手にし、これにより3位ガラタサライとの勝点差を4ポイントに広げている。