セドリック・トイヒャートが新ホームキットでの初得点を挙げる

 FCシャルケ04は7月21日(土)、ゲルセンキルヒェン近郊のエッセンで行われたオーバーリーガ所属のシュヴァルツ=ヴァイス・エッセンとのテストマッチで1-0の勝利を収めた。ウーレンクルーグ・シュタディオンで試合時間6分にセドリック・トイヒャートが、今試合で初めて着用されたアンブロの新ホームキットでの初得点を挙げ勝負を決めた。

先制点はトイヒャート

 数多くのシャルケファン、また新加入のサリフ・サネを含むおよそ4000人の観衆を前に、ドメニコ・テデスコ監督率いるFCシャルケ04は、すぐに試合の主導権を握ると、間髪を入れずに先制点を奪う。右サイドで得たFKからダニエル・カリジュリがファーポストにクロスを供給、アミーヌ・アリがこれを頭で落とし中央で待っていたセドリック・トイヒャートが至近距離から右足を振り抜く。クナッペンシュミーデの異なる年代別チームでプレーした経験を持つ相手DFのアレッサンドロ・ロマセロがブロックを試みるも僅かに届かず、シャルケが1-0と試合をリードする(6分)。

 前半、シャルケは更に多くのゴールチャンスを手にするが、イエフェン・コノプリャンカ(22分)、トイヒャート(23分、39分、41分)、またダニエル・カリジュリがFKから直接狙ったシュートも正確さを欠き、相手GKスヴェン・メラートと守備陣の堅守を崩しきるには至らなかった。

10選手を交代

テデスコ監督は数週間前、U19チームと共にドイツ王者となった二クラス・ヴィーマンを除く全選手を交代し後半へと臨む。59分にはマーク・ウートが好機を得るが、フランコ・ディ・サントが放り込んだボールに僅かに遅れゴールネットを揺らすことは出来なかった。その10分後には後半キャプテンマークを巻いてプレーしたギド・ブルクシュタラーがファーポストでフリーでボールを受けるも、追加点のチャンスを活かすことはできなかった。その僅か60秒後にはウートが左足で強烈なシュートを放つが、ボールはポスト右へ外れる。前半同様、シャルケは終始試合をコントロールするもゴール前での決定力を欠き、1-0のまま試合終了を迎えることとなった。

試合データ

シャルケ:フェアマン(46分 ニューベル)- スタンブリ(46分 リーター)、ナウド(46分 ナスタシッチ)、ヴィーマン – カリジュリ(46分 スクリプスキ)、マスカレル(46分 マッケニー)、ベンタレブ(46分 セルダー)、ババ(46分 シェプフ)- アリ(46分 ディ・サント)、トイヒャート(46分 ブルクシュタラー)、コノプリャンカ(46分 ウート)
得点:トイヒャート(6分)
主審:ルーテ(エッセン)
観客数:4,000人

おすすめの記事

sevilla_15

シャルケがアントニオ・プエルタ杯で敗北

 FCシャルケ04は3月22日(金)、アントニオ・プエルタ杯でセビージャFC相手に良いパフォーマンスを見せたものの、最終的に0-2の敗北を喫した。エスタディオ・ラモン・サンチェス・ピスフアンで行われた試合でセビージャに得点をもたらしたのは、ロケ・メサ(31分)とムニル・エル・ハダディ(71分/ PK)だった。

C47I8593

ゲンクに2ー2 - ベルギーリーグ首位にウートとシェプフが得点

 FCシャルケ04は1月11日(金)、ベニドルムでのトレーニングキャンプの締めくくりとしてKRCゲンクとテストマッチを行った。チームはベルギーリーグ首位に勝利こそ逃したものの、2-2のドローで終わったエスタディオ・ムニシパル・ギレルモ・アモールでの1戦で終始優勢に試合を進めた。シャルケの得点はマーク・ウート(19分)とアレッサンドロ・シェプフ(57分)が挙げている。

Bastian Oczipka

ザンクトペテルブルクで1-2 – シャルケがロシアリーグ首位のチームに親善試合で敗北

 FCシャルケ04は11月18日(日)にロシアリーグ首位のゼニト・ザンクトペテルブルクとの間で行われたフレンドリーマッチで良いパフォーマンスを見せたにもかかわらず敗戦を喫した。北方の百万都市で行われたこの一戦は両チームのメインスポンサーを務めるGAZPROMの主催で開催された。

Weston McKennie

予行は大成功:シャルケ、3-0でフィオレンティーナに勝利

 FCシャルケ04は公式戦に向けて十分に準備が整っている。シャルケは8月11日(土)、フェルティンス・アレーナで説得力のあるパフォーマンスを見せ、3-0でACFフィオレンティーナに勝利した。得点者リストに名を連ねたのはウェストン・マッケニー(69分)、スティーヴン・スクリプスキ(75分)、セドリック・トイヒャート(84分)だった。