ブルクシュタラーの得点でアンジュSCOを下す

 8月5日(日)、FCシャルケ04はアンジュSCOとのテストマッチに臨み1-0で勝利。母国オーストリアでの練習試合で ギド・ブルクシュタラーがゴール前で素晴らしい得点を決めた(15分)。

多くの選手が欠場

 昨季リーグ・アン14位を相手にしたテストマッチでドメニコ・テデスコは怪我の負ったこれらの選手を起用できなかった:オツィプカ、アリ、コノプリャンカ、ゼルダー、フェアマン、マッケニー、リーター、スクリプスキ、ウート。

ブルクシュタラーに拍手喝采

 試合開始から選手たちはフィールド上で多くコミュニケーションをとり、タッチライン外ではドメニコ・テデスコが常に戦術のコーチングをしていた。そして15分にシャルケが先制弾を掴む。カリジュリの左CKからファーサイドでギド・ブルクシュタラーがダイレクトボレーで先制点を奪い、同選手は母国内でのテストマッチということで多くの拍手喝采を受けた。

 先制を許した同フランスチームもすぐに反撃を仕掛ける:タイツの放ったミドルシュートは右ポストに嫌われ(17分)、右CKのボールをトーマスがヘディングシュートするもゴール左に外れた(22分)。一方でシャルケもリードを広げるチャンスを作り出す。カリジュリからのパスをボックス内で受けたセドリック・トイヒャートが決定機を迎えるも、シュートはゴールバーの上を通過。しかしその後は両チームともに攻め手を欠いて1-0のままハーフタイムを迎えた。

後半はゴール前でのチャンスはほぼ皆無

 後半からドメニコ・テデスコはナウド、ケーラー、シェプフ、トイヒャートをベンチに下げてスタンブリ、ナスタシッチ、ガイス、エンボロをピッチへ送り出した。多くの選手交代を行ったシャルケは試合を支配するも、相手ゴール前で脅威を与える連係プレーは披露できなかった。その後は相手チームに主導権を握られ始めるもシャルケはコンパクトな守備で対応。そしてS04は無失点で切り抜け、1-0のまま試合は終わりを迎えた。

試合データ

シャルケ: ニューベル- ケーラー(46分 ナスタシッチ)、ナウド(46分 スタンブリ)、サネ) – カリジュリ、 マスカレル(31分 ベンタレブ)、 シェプフ(46分 ガイス)、ババ – ディ・サント(68分 ゴルラー)– ブルクシュタラー(86分 ヴィーマン)、トイヒャート(46分 エンボロ)

得点:ブルクシュタラー(15分)

主審:ヒルスビッヒラー(オーストリア)
観客数:2,000人

おすすめの記事

C47I8593

ゲンクに2ー2 - ベルギーリーグ首位にウートとシェプフが得点

 FCシャルケ04は1月11日(金)、ベニドルムでのトレーニングキャンプの締めくくりとしてKRCゲンクとテストマッチを行った。チームはベルギーリーグ首位に勝利こそ逃したものの、2-2のドローで終わったエスタディオ・ムニシパル・ギレルモ・アモールでの1戦で終始優勢に試合を進めた。シャルケの得点はマーク・ウート(19分)とアレッサンドロ・シェプフ(57分)が挙げている。

Bastian Oczipka

ザンクトペテルブルクで1-2 – シャルケがロシアリーグ首位のチームに親善試合で敗北

 FCシャルケ04は11月18日(日)にロシアリーグ首位のゼニト・ザンクトペテルブルクとの間で行われたフレンドリーマッチで良いパフォーマンスを見せたにもかかわらず敗戦を喫した。北方の百万都市で行われたこの一戦は両チームのメインスポンサーを務めるGAZPROMの主催で開催された。

Weston McKennie

予行は大成功:シャルケ、3-0でフィオレンティーナに勝利

 FCシャルケ04は公式戦に向けて十分に準備が整っている。シャルケは8月11日(土)、フェルティンス・アレーナで説得力のあるパフォーマンスを見せ、3-0でACFフィオレンティーナに勝利した。得点者リストに名を連ねたのはウェストン・マッケニー(69分)、スティーヴン・スクリプスキ(75分)、セドリック・トイヒャート(84分)だった。

Thilo Kehrer im Testspiel in Aue

1−0 − ドメニコ・テデスコの古巣エルツゲビルゲでS04は敗北

 FCシャルケ04は今夏プレシーズンで初の敗北に甘んじた。数日後に2部リーグ開幕を控えたFCエルツゲビルゲ・アウエ相手にシャルケは0-1の敗戦を喫している。今試合唯一となる得点は、76分にロベルト・ヘアマンが決めたペナルティキックによるものだ。