3ー1で河北に勝利 - 試合終了5分前のS04のゴールラッシュ

 中国ツアーでの2試合目は3-3のドローに終わったサウサンプトンFCとのテストマッチ第1戦に劣らぬ、スペクタクルなものとなった。FCシャルケ04は3-1で河北華夏幸福足球倶楽部を下し、無敗のままドイツへの帰路へつくこととなった。中国のパートナークラブを相手にS04は長い間苦戦を強いられるも、終了5分前のゴールラッシュで試合を覆した。

 ドメニコ・テデスコ監督は前回の試合から7つのポジションを変更。今ツアーに帯同したマーク・ウートはベンチスタート。ラルフ・フェアマンと左足の腱炎によりに練習を断念したティロ・ケーラーはメンバー外となった。

良い立ち上がりを見せたシャルケ

 シャルケは従来通りの3バックシステムを採用、序盤から試合を支配下に置き、立ち上がり10分でバーナード・テクペティ、イエフェヘン・コノプリャンカ、スティーヴン・スクリプスキで編成された攻撃陣が次々とチャンスを演出する(4分、8分、9分、11分)。前半終了直前にもテデスコ監督率いるチームは更に絶好の得点機を掴む:36分、コノプリャンカの素晴らしいクロスからフランコ・ディ・サントがボレーで直接狙うが、ボールはクロスバーを越えて枠外。その3分後となる39分にはナウドがCKからのセカンドボールをシュートへと持ち込むが、ゴールを割るには至らなかった。

ハーフタイムで全選手を交代

 ハームタイム中にシャルケは湿度の高さによる消耗を考慮し、全ポジションで選手を入れ替える。立ち上がりは前半と同じ攻勢をかけ相手ゴール前へと攻め上がったものの、徐々に攻め手を欠き試合は膠着状態に陥る。67分にはパンチングでクリアしたCKが不運にもマーク・ウートの後頭部に当たり、相手選手の足元に転がったセカンドボールを至近距離から押し込まれ0-1と1点を追う展開となった。

終了間際のゴールラッシュ

 終盤、消耗が著しいシャルケの面々だったが、終了4分前にセドリック・トイヒャートが同点ゴールを挙げる。その60秒後には相手ディファンダーを引き剥がしたウートが2-1となる追加点を奪う。更に直後の90+1分には左サイドからウートが中央へと供給したクロスが相手選手に当たりゴールへと吸い込まれるオウンゴールが生まれ、試合は終了間際のゴールラッシュで3-1としたシャルケが勝利を収めた。

出場選手

シャルケ:ニューベル(46分 ランガー)、スタンブリ(46分 リーター)、ナウド(46分 マッケニー)、ヴィーマン(46分 キュブラー)、テクペテイ(46分 トイヒャート)、セルダー(46分 ガイス)、ベンタレブ(46分 マスカレル)、ババ(46分 ブージェラブ、79分 ゴラー)、スクリプスキ(46分 カリジュリ)、ディ・サント(46分 ウート)、コノプリャンカ(46分 クトゥチュ)

おすすめの記事

sevilla_15

シャルケがアントニオ・プエルタ杯で敗北

 FCシャルケ04は3月22日(金)、アントニオ・プエルタ杯でセビージャFC相手に良いパフォーマンスを見せたものの、最終的に0-2の敗北を喫した。エスタディオ・ラモン・サンチェス・ピスフアンで行われた試合でセビージャに得点をもたらしたのは、ロケ・メサ(31分)とムニル・エル・ハダディ(71分/ PK)だった。

C47I8593

ゲンクに2ー2 - ベルギーリーグ首位にウートとシェプフが得点

 FCシャルケ04は1月11日(金)、ベニドルムでのトレーニングキャンプの締めくくりとしてKRCゲンクとテストマッチを行った。チームはベルギーリーグ首位に勝利こそ逃したものの、2-2のドローで終わったエスタディオ・ムニシパル・ギレルモ・アモールでの1戦で終始優勢に試合を進めた。シャルケの得点はマーク・ウート(19分)とアレッサンドロ・シェプフ(57分)が挙げている。

Bastian Oczipka

ザンクトペテルブルクで1-2 – シャルケがロシアリーグ首位のチームに親善試合で敗北

 FCシャルケ04は11月18日(日)にロシアリーグ首位のゼニト・ザンクトペテルブルクとの間で行われたフレンドリーマッチで良いパフォーマンスを見せたにもかかわらず敗戦を喫した。北方の百万都市で行われたこの一戦は両チームのメインスポンサーを務めるGAZPROMの主催で開催された。

Weston McKennie

予行は大成功:シャルケ、3-0でフィオレンティーナに勝利

 FCシャルケ04は公式戦に向けて十分に準備が整っている。シャルケは8月11日(土)、フェルティンス・アレーナで説得力のあるパフォーマンスを見せ、3-0でACFフィオレンティーナに勝利した。得点者リストに名を連ねたのはウェストン・マッケニー(69分)、スティーヴン・スクリプスキ(75分)、セドリック・トイヒャート(84分)だった。