3-3 - セルダーとスクリプスキによる目を見張るようなゴール

 FCシャルケ04が5月7日(木)、昆山市のスポーツセンタースタジアムで行われた中国ツアー初となるサウサンプトンFCとのテストマッチで、攻撃的なサッカーを見せ3-3の同点で試合を終えた。シャルケのゴールはイェフヘン・コノプリャンカ(21分)、スアト・セルダー(54分)とスティーヴン・スクリプスキ(84分)によるものだ。

摂氏27度、湿度92%という蒸し暑さのなか、ドメニコ・テデスコ監督は新加入5選手のうちマーク・ウート、スアト・セルダー、スティーヴン・スクリプスキ、オマール・マスカレルの4選手を起用、ウートは先発で出場している。また同試合は先達て発表されたアンブロの新しいアウェイキットのお披露目となった。

S04が攻撃的なサッカーを披露

FCシャルケ04は従来の3-5-2システムで臨み、立ち上がりから攻撃的に仕掛けると21分に先制点を奪う。イェフヘン・コノプリャンカが同選手に典型的な動きからカットイン、シュートに持ち込む。だが前半終了直前にサウサンプトンFCが同点へと追いついた。

 後半、両チームの監督は全選手を交代し11選手全員を入れ替えて臨んだ。後半最初の得点を対戦相手に奪われるもその6分後の54分、シャルケは試合を振り出しに戻す。スアト・セルダーが18メートルの距離からハーフボレーでゴール右下隅へシュート、ボールはポストの内側を叩きゴールに吸い込まれた。68分には再びビハインドに陥るが、シャルケの選手達が冷静さを欠くことはなかった。84分にスティーヴン・スクリプスキが25メートルの距離から狙い、無回転のミドルシュートはゴール中央、クロスバー下部を叩いてネットを揺らした。この夢のようなゴールにより試合は3-3のドローで終了となった。

出場選手

シャルケ:フェアマン(46分 ニューベル)、ケーラー(46分 スタンブリ)、マッケニー(46分 リーター)、ヴィーマン(46分 インスア、73分 ガイス)、キュブラー(46分 スクリプスキ)、ババ(46分 チャイボラ、73分 ブジェラブ)、ゴラー(46分 セルダー)、ベンタレブ(46分 マスカレル)、ウート(46分 ディ・サント)、トイヒャート(46分 クトゥチュ、88分 クリューガー)

おすすめの記事

sevilla_15

シャルケがアントニオ・プエルタ杯で敗北

 FCシャルケ04は3月22日(金)、アントニオ・プエルタ杯でセビージャFC相手に良いパフォーマンスを見せたものの、最終的に0-2の敗北を喫した。エスタディオ・ラモン・サンチェス・ピスフアンで行われた試合でセビージャに得点をもたらしたのは、ロケ・メサ(31分)とムニル・エル・ハダディ(71分/ PK)だった。

C47I8593

ゲンクに2ー2 - ベルギーリーグ首位にウートとシェプフが得点

 FCシャルケ04は1月11日(金)、ベニドルムでのトレーニングキャンプの締めくくりとしてKRCゲンクとテストマッチを行った。チームはベルギーリーグ首位に勝利こそ逃したものの、2-2のドローで終わったエスタディオ・ムニシパル・ギレルモ・アモールでの1戦で終始優勢に試合を進めた。シャルケの得点はマーク・ウート(19分)とアレッサンドロ・シェプフ(57分)が挙げている。

Bastian Oczipka

ザンクトペテルブルクで1-2 – シャルケがロシアリーグ首位のチームに親善試合で敗北

 FCシャルケ04は11月18日(日)にロシアリーグ首位のゼニト・ザンクトペテルブルクとの間で行われたフレンドリーマッチで良いパフォーマンスを見せたにもかかわらず敗戦を喫した。北方の百万都市で行われたこの一戦は両チームのメインスポンサーを務めるGAZPROMの主催で開催された。

Weston McKennie

予行は大成功:シャルケ、3-0でフィオレンティーナに勝利

 FCシャルケ04は公式戦に向けて十分に準備が整っている。シャルケは8月11日(土)、フェルティンス・アレーナで説得力のあるパフォーマンスを見せ、3-0でACFフィオレンティーナに勝利した。得点者リストに名を連ねたのはウェストン・マッケニー(69分)、スティーヴン・スクリプスキ(75分)、セドリック・トイヒャート(84分)だった。