エヴァートンFCからジョンジョー・ケニーが期限付移籍

 イングランドのプレミアリーグから1人の選手が加入することになった。FCシャルケ04は2019-20シーズンに向け、エヴァートンFCから右サイドバックのジョンジョー・ケニーを期限付きで獲得した。1997年3月15日生まれで22歳の同選手はエヴァートンの下部組織で育成を受け、U21イングランド代表として14試合に出場している。同選手はエヴァートンと2022年6月30日までの契約を結んでいる。同SBはイタリアで開催されるU21欧州選手権にイングランド代表として出場するため、シャルケのプレシーズンのトレーニングに少し遅れて合流することが決まっている。

 スポーツマネージャーのヨッヘン・シュナイダーは、「FCシャルケ04にジョンジョー・ケニーを連れてくることができ、大変喜んでいる。これでプロチームの右SBのポジションを理想的に埋めることができる」と説明し、続けて「特に我々のテクニカルディレクターのミヒャエル・レシュケ、スカウトチーム、そしてイングランドのプレミアリーグ時代からジョンジョーを知る監督デイヴィッド・ワグナーに感謝したい」と、この移籍の成功に携わった関係者に礼を述べた。

 ケニー自身も新しい挑戦を喜んでいる。22歳の同選手は「僕にとって新しい国、そしてシャルケという大舞台で僕の能力を示す大きなチャンスだ。シャルケは印象的な歴史と素晴らしいファンを抱えるクラブだ。ここに来られて嬉しいし、トレーニングに参加するのが待ち遠しいよ」と、新天地でのチャレンジを楽しみにしている。

 ジョンジョー・ケニーは2006年、わずか9歳で”トフィーズ”のユース組織であるエヴァートン・アカデミーに入った。同選手のティーンエイジャー時代の最も大きな成功は2014年にイングランドで行われたU17欧州選手権だろう。オランダと対戦した決勝はPK戦までもつれ込んだが、ケニーが勝敗を決するPKを決め、イングランドが優勝に輝いた。

 プロチームでは2015-2016シーズン、まずは3部リーグのヴィーガン・アスレチック、その後4部リーグのオックスフォード・ユナイテッドで経験を積んだ。身長1,75メートルの小柄な同DFは、2016年5月15日にホームで行われたノリッジ・シティ戦でプレミアリーグデビューを飾り、続く2016-2017シーズンはU23チームのキャプテンを務めた。2017-2018シーズンからジョンジーは定期的に、主にアイルランド代表のシェイマス・コールマンのバックアップとしてトップチームでプレー、これまでにプレミアリーグで31試合に出場した。

Share page

おすすめの記事

190509_wagner

デイヴィット・ワグナーがFCシャルケ04の新監督に就任

 士気も高くブンデスリーガへの帰還を飾った同監督と共に、FCシャルケ04のプロチームは2019-20シーズンへと臨むことが決定した:47歳のデイヴィット・ワグナー(1971年10月19日生まれ)が2022年6月30日までの契約をシャルケと締結。同監督は今年1月までイングランド・プレミアリーグのハダースフィールド・タウンFCで指揮官を務めていた。

190406_boujellab

下部組織出身のナッシム・ブジェラブがシャルケとプロ契約を締結

 クナッペンシュミーデからプロ選手へ:下部組織出身の選手であるナッシム・ブジェラブが、多くの先人同様、この道を歩むこととなった。FCシャルケ04は19歳(1999年6月20日生まれ)のブジャラブと、同選手の契約満了となるシーズン終了を前に、2022年6月30日までのプロ契約を締結した。

190226_schneider

ヨッヘン・シュナイダーがS04のスポーツマネージャーに就任

 先週2月23日(土)、マネージャーのクリスティアン・ハイデルがシャルケとの契約を解約することを発表した。これを受けて現在ラーゼンバルシュポルト・ライプツィヒのスポーツ及び国際化部長をヨッヘン・シュナイダーがFCシャルケ04のスポーツマネージャーに就任することが決定した。

190201_Kutucu_Heidel

生え抜きのアフメト・クトゥチュが2022年6月30日までのプロ契約を締結

 2018-2019シーズン、ドメニコ・テデスコ監督の下4試合に出場、VfBシュトゥットガルト戦の3-1のゴールでブンデスリーガ初得点を記録した。既にトップチームでの活躍を見せた下部組織出身のアフメト・クトゥチュは、今日2月1日、プロとして更なる一歩を踏み出した。FCシャルケ04と2022年6月30日までのプロ契約を締結したのである。