デイヴィット・ワグナーがFCシャルケ04の新監督に就任

 士気も高くブンデスリーガへの帰還を飾った同監督と共に、FCシャルケ04のプロチームは2019-20シーズンへと臨むことが決定した:47歳のデイヴィット・ワグナー(1971年10月19日生まれ)が2022年6月30日までの契約をシャルケと締結。同監督は今年1月までイングランド・プレミアリーグのハダースフィールド・タウンFCで指揮官を務めていた。

 スポーツディレクターのヨッヘン・シュナイダーは同氏の監督就任について「我々の求める監督像と一致する、デイヴィット・ワグナーを招聘できたことを嬉しく思う:彼はチームが自ら責任を担い、高い運動量で可能な限り俊敏にプレーするサッカーを創造する人物だ。だが同時に自らの持つ人柄でチームを形作り、選手達個人の進歩に貢献することも可能だ」と語った。

我々の求める監督像と一致するデイヴィット・ワグナーを招聘できたことを嬉しく思う

ヨッヘン・シュナイダー

 デイヴィット・ワグナーは「選手として得た自らの経験から、チーム、クラブそしてファンが一致団結した際に、シャルケ04の進歩を促す力が生まれることを知っている」と述懐し、「この世界に再び身を置き、現在の状況を前向きなものへと変える:これは私にとってブンデスリーガへと帰還する強い動機となった」と続けた。コーチ陣の陣容形成については、今後の数週間のうちに決定が下される予定だ。

1995ー1997シーズンに選手としてシャルケに在籍

新監督はシャルケに在籍した過去を持つ:1. FSVマインツ05から加入したワグナーは1995年から1997年までFCシャルケ04でプレーし、公式戦36試合(3得点)に出場:ブンデスリーガ29試合(2得点)、UEFAカップ(1得点)、DFBポカール2試合に出場し、3位に終わった1995-1996シーズンの好成績とそれによってもたらされた19年ぶりの欧州トーナメント参加、また1997年UEFAカップ制覇に貢献。アメリカ代表選手としても実力を発揮した同監督は、シャルケ以外にもアイントラハト・フランクフルト(1990-1991シーズン)、1.FSVマインツ05(1991-1995シーズン)、FCギュータスロー(1997-1999シーズン)、SVヴァルトホフ(1999シーズン)、ダルムシュタット98(1999-2002シーズン)に在籍した。

 ワグナーはTSG1899ホッフェンハイムのユースで監督としてのキャリアをスタートし、同クラブでU19チーム(2007〜2008年)とU17チーム(2008〜2009年)を指揮。2011年から2015年にかけて同監督はボルシア・ドルトムントのセカンドチームを率い、2012年には同チームの3部リーグ昇格を達成した。2015年11月に当時イングランドリーグ2部に所属したへダースフィールド・タウンFCの監督に就任。2017年に「テリアズ」の愛称で親しまれる同クラブと共に1部昇格を果たすと、その後周囲の予想を裏切りプレミアリーグ残留を果たすなど、数多くの成功を収めた。

おすすめの記事

190406_boujellab

下部組織出身のナッシム・ブジェラブがシャルケとプロ契約を締結

 クナッペンシュミーデからプロ選手へ:下部組織出身の選手であるナッシム・ブジェラブが、多くの先人同様、この道を歩むこととなった。FCシャルケ04は19歳(1999年6月20日生まれ)のブジャラブと、同選手の契約満了となるシーズン終了を前に、2022年6月30日までのプロ契約を締結した。

190226_schneider

ヨッヘン・シュナイダーがS04のスポーツマネージャーに就任

 先週2月23日(土)、マネージャーのクリスティアン・ハイデルがシャルケとの契約を解約することを発表した。これを受けて現在ラーゼンバルシュポルト・ライプツィヒのスポーツ及び国際化部長をヨッヘン・シュナイダーがFCシャルケ04のスポーツマネージャーに就任することが決定した。

190201_Kutucu_Heidel

生え抜きのアフメト・クトゥチュが2022年6月30日までのプロ契約を締結

 2018-2019シーズン、ドメニコ・テデスコ監督の下4試合に出場、VfBシュトゥットガルト戦の3-1のゴールでブンデスリーガ初得点を記録した。既にトップチームでの活躍を見せた下部組織出身のアフメト・クトゥチュは、今日2月1日、プロとして更なる一歩を踏み出した。FCシャルケ04と2022年6月30日までのプロ契約を締結したのである。

190131_bruma1

FCシャルケ04がジェフリー・ブルマをシーズン終了までの期限付きで獲得

 守備の陣容強化が行われた。FCシャルケ04はジェフリー・ブルマをVfLヴォルフスブルクから今季終了までの期限付きで獲得した。オランダ代表の同選手は今週末開催のボルシア・メンヒェングラードバッハとのホーム戦から出場が可能となっている。シャルケの一員としてブルマは背番号27を背負うこととなった。