ラビ・マトンドと2023年6月までの契約締結

 イングランドの期待の若手選手がシャルケに加入することになった。FCシャルケ04は現イングランド王者のマンチェスター・シティからラビ・マトンドを獲得した。18歳の同選手はシャルケと2023年6月30日までの4年半契約を結んだ。背番号は14番。両クラブは移籍金について非公開としている。

 スポーツ部門責任者のクリスティアン・ハイデルは、「この数週間、静かな環境でラビと話し、シャルケへの移籍が彼にとって正しい選択であると説得できたことを喜んでいる」と説明し、「彼が我々の示したシャルケ04での展望に賛成し、決断したことを嬉しく思う」と続けた。

 監督ドメニコ・テデスコはこの移籍について、「ラビを獲得するために、我々は長く努力してきた。彼のポテンシャルの高さを確信しているからだ。彼は並外れたスピードと優れたテクニックを持っている。しかし彼がまだ大変若いことを忘れてはならない。そのため、彼がシャルケとブンデスリーガに順応するために必要な時間を与えるつもりだ」とコメントした。

シャルケ04への移籍は、僕のサッカー選手としての将来にとって正しい決断だ。

ラビ・マトンド

 新加入選手ラビ・マトンドは、「オファーが来る前からシャルケ04のことは少し知っていた。エスト・メジルやイヴァン・ラキティッチ、リロイ・ザネが、キャリアにおいて重要な一歩をこのクラブで果たした。その上、監督ととても良い話し合いをすることができたし、僕の新しいチームメイトから聞いたことも全てポジティブだった。そしてブンデスリーガは素晴らしいリーグだ。シャルケ04への移籍は、僕のサッカー選手としての将来にとって正しい決断だ。クラブの一員になり、シャルケの未来への計画の一部になったことを嬉しく思う」と喜びを語った。

 若くしてウェールズA代表デビュー(2018年11月20日のアルバニア戦、0-1)を果たした同選手は、2016年にカーディフ・シティのユース部門からマンチェスター・シティに移籍した。チャンピオンズリーグのラウンド16でシャルケの対戦相手となる同クラブにて、マトンドはU21の主力メンバーとしてプレーし、11試合で6得点4アシストを記録した。UEFAユースリーグのグループステージでは全6試合(1得点1アシスト)に出場している。更にマトンドは、ペップ・グアルディオラ率いるトップチームの練習にも定期的に参加していた。

 ラビ・マトンドは2000年9月9日、コンゴ民主共和国出身の両親の元にリバプールで生まれた。そのため同選手は、コンゴ代表、ウェールズ代表、もしくはイングランド代表としてプレーすることを選択できる。

おすすめの記事

190406_boujellab

下部組織出身のナッシム・ブジェラブがシャルケとプロ契約を締結

 クナッペンシュミーデからプロ選手へ:下部組織出身の選手であるナッシム・ブジェラブが、多くの先人同様、この道を歩むこととなった。FCシャルケ04は19歳(1999年6月20日生まれ)のブジャラブと、同選手の契約満了となるシーズン終了を前に、2022年6月30日までのプロ契約を締結した。

190226_schneider

ヨッヘン・シュナイダーがS04のスポーツマネージャーに就任

 先週2月23日(土)、マネージャーのクリスティアン・ハイデルがシャルケとの契約を解約することを発表した。これを受けて現在ラーゼンバルシュポルト・ライプツィヒのスポーツ及び国際化部長をヨッヘン・シュナイダーがFCシャルケ04のスポーツマネージャーに就任することが決定した。

190201_Kutucu_Heidel

生え抜きのアフメト・クトゥチュが2022年6月30日までのプロ契約を締結

 2018-2019シーズン、ドメニコ・テデスコ監督の下4試合に出場、VfBシュトゥットガルト戦の3-1のゴールでブンデスリーガ初得点を記録した。既にトップチームでの活躍を見せた下部組織出身のアフメト・クトゥチュは、今日2月1日、プロとして更なる一歩を踏み出した。FCシャルケ04と2022年6月30日までのプロ契約を締結したのである。

190131_bruma1

FCシャルケ04がジェフリー・ブルマをシーズン終了までの期限付きで獲得

 守備の陣容強化が行われた。FCシャルケ04はジェフリー・ブルマをVfLヴォルフスブルクから今季終了までの期限付きで獲得した。オランダ代表の同選手は今週末開催のボルシア・メンヒェングラードバッハとのホーム戦から出場が可能となっている。シャルケの一員としてブルマは背番号27を背負うこととなった。