インフォメーション

フェルティンス・アレーナ

他に類を見ない多様なプログラム、恒常的な発展を遂げる最高級の技術、そして熱狂的な雰囲気が、フェルティンス・アレーナをヨーロッパ随一の多機能型スタジアムにしています。バランスのとれたエンターテインメント、スポーツ、音楽イベントを提供することで、16年以上にわたり新しい基準を打ち立て続けています。

情熱が帰る場所

2001年の開業以来、フェルティンス・アレーナはヨーロッパでの地位を確固たるものとしました。オープンエアステージとして機能した翌日は、シャルケ04のホームスタジアムとして、更にその翌日にはスキー場、メッセ会場、オペラ座、映画祭会場、アイスリンク、ボクシング会場として ー フェルティンス・アレーナはまさに変幻自在、数時間の間にあらゆるイベントの会場への場面転換が可能です。

観客を呼び込むフェルテインス・アレーナ

既に250万人以上の観衆がU2、ロビー・ウィリアムス、ボン・ジョヴィ、AC/DC、ブルース・スプリングスティーン、メタリカ、ディペッシュ・モード、ヘレーネ・フィッシャー、ヘルベルト・グリューネマイヤーやPURなど、国内外のアーティスト達の公演を訪れ、カルメンやアイーダといったオペラを鑑賞、またバイアスロンや2010年アイスホッケー・ワールドカップ、クリチコのタイトルマッチ、そして2004年のチャンピオンズリーグ決勝といったスポーツイベントをここフェルティンス・アレーナで熱狂と共に見守りました。

真のサッカースタジアム

ドイツサッカーリーグ、ブンデスリーガに所属するFCシャルケ04のホームスタジアムは最高で62,271人の観客を定期的に動員しています。2016年には合計752のイベントを開催し、総来場者数2,341,344人を記録しました。そして『Stadionwelt INSIDE』誌の総合評価で国内2位を受賞しました。しかしフェルティンス・アレーナがブンデスリーガ、ヨーロッパリーグ、チャンピオンズリーグ、代表戦の舞台として高い評価を得ているのは国内のみに限りません。当時の国際サッカー連盟会長を務めていたヨーゼフ・ブラッター氏は「このようなスタジアムは世界初だと言えるだろう」と称賛しました。

世界トップレベルのハイテク

アレーナが新しい基準を打ち立てたのは、その多機能性のみに負うものではありません。最先端の舞台設備と改良を加えた音響機器、2016年夏に新設された4面ビジョン、可動式ピッチ、可動式観覧席、開閉式屋根、RFIDチップ内蔵の『クナッペンカルテ』によるICカード決済は、アレーナが真の傑作であることを示す、ほんの一例にすぎません。

贅沢な時間を楽しむ場所

一級品のサービスと最高の快適性を、魅力溢れる空間で – このご希望にホスピタリティ・プログラムがお応えします。ビジネス・クラブLaOla、グリュックアウフ・クラブ、シャルカー・マルクト、ティブルスキ・ルーム、81室のVIPルーム、9室のイベント・VIPルーム、クロット・ラウンジ、カルヴィツキ・ラウンジ、リブーダ・ラウンジで、来場者は贅沢な空間に居ながら、熱狂体験を肌で感じることが可能です。