アウグスブルク戦は0-0 ― 好機を作るも勝利を逃す

 FCシャルケ04は5月5日(日)、FCアウグスブルクとのホーム戦で0-0の引き分けに甘んじることとなった。シャルケは数多くのチャンスを活かすことなく、後半のスアト・セルダーのシュートはポストに阻まれた。

ルディとクトゥチュが先発入り

 BVBのホームに乗り込み4-2で勝利したレヴィアダービーから、監督フーブ・ステフェンスは先発メンバー2人を代えて今節に臨んだ。大腿部を負傷したサリフ・サネと、立会い出産のため分娩室の夫人の下に留まったギド・ブルクシュタラーに代わり、セバスティアン・ルディとアフメト・クトゥチュが先発に復帰した。

前半はシャルケにより多くのチャンス

 良い形で試合に入ったシャルケは試合冒頭から試合をコントロールする。最初のチャンスを作ったのはダニエル・カリジュリだったが、PA右角からの同選手の左足シュートは左に大きく外れる(7分)。その12分後、クトゥチュとルディがカウンターを仕掛けてカリジュリに繋げると、同選手はゴールエリアのブレール・エンボロにパス。しかしこのクロスは長すぎたため、エンボロがフィニッシュに持ち込むことはできなかった。その一方で対戦相手のアウグスブルクの攻撃は前半あまり見られず、唯一危険なチャンスとなったのはコンスタンティノス・スタフィリディスが2列目から放ったミドルシュートのみだった(29分)。

 前半により良いパフォーマンスを見せていたのは、明らかにホームチームのシャルケだった。37分にはアウグスブルクのコーナーキック後にカウンターチャンスを作る。クトゥチュ、ルディと繋ぎ、後者がエンボロにダイレクトパスを送るが、精度が低くアウグスブルク選手にクリアされてしまった。前半終了5分前、シャルケにビックチャンスが訪れる。エンボロがグレゴール・コーベルの守るFCAゴールに迫り、スアト・セルダーにマイナスのパスを出す。しかしこのパスも精確さに欠け、セルダーはボールの芯を捉えることができない(40分)。こうして両チームとも無得点のまま前半終了を向かえた。

セルダーのシュートは左ポストに直撃

 後半に入ってもシャルケの優勢は変わらない。47分、バスティアン・オツィプカのCKにマティヤ・ナスタシッチが頭で合わせるも、ボールはクロスバーを越える。その3分後にはクトゥチュがFCAのPA内でボールを持つも、シュート前にク・ジャチョルにブロックされる(50分)。更にその2分後、左サイドでセルダーが対戦相手を抜き去り、エンボロとのワンツーからフィニッシュに持ち込む。ゴール5m前の角度のないところから左足でシュートした同選手だが、これは惜しくも左ポストに嫌われた。

 56分、今度はFCAに最大の好機が訪れる。フィリップ・マックスの左サイドのフリーキックからミヒャエル・グレゴリッチュがダイレクトシュートを放つ。ダニエル・カリジュリのクリアミスでボールはシャルケゴールへと飛び、あわや失点と思われたが、間一髪アレクサンダー・ニューベルが足でセーブした。

 続く時間帯もシャルケが試合を支配する。対戦相手に思うようなプレーをさせず、終盤にも更なる得点機会を演出する。80分、途中出場のラビ・マトンドからのパスを受けたエンボロがヒールキックで同選手にボールを返すと、期待の若手マトンドは10mの距離からゴールを狙う。しかしこのシュートはブロックされ、最終的にFCAキーパーのコーベルの頭上へと飛んだ。その直後のCKで再びチャンスを得たマトンドだが、同選手の至近距離シュートはコーベルにクリアされた(81分)。

 終了間際までゴールを狙い続けるシャルケは、試合終了直前に最後のチャンスを演出。右サイドから上がったマトンドのクロスを受け、ゴール7m前からセルダーがダイレクトボレーを放ったが、同U21ドイツ代表のシュートはコーベルにキャッチされた。その直後に試合終了の笛が鳴り、シャルケ対アウグスブルク戦はスコアレスドローで幕を閉じた。

おすすめの記事

FC Schalke 04 – VfB Stuttgart

監督フーブ・ステフェンスの最終戦は引き分け

 FCシャルケ04は2018-19シーズンのラストマッチとなったVfBシュトゥットガルト戦をゴールレスドローで終えた。同試合はフーブ・ステフェンスにとっても最後のブンデスリーガゲームとなった。チームの成績不振を理由に3月から暫定監督を務めた同オランダ人指揮官は再び監査役会の仕事に戻る。

Bayer 04 Leverkusen – FC Schalke 04

戦い抜いたシャルケがレヴァークーゼンで引き分ける

 FCシャルケ04はアウェイでの今季ブンデスリーガ第33節バイエル・レヴァークーゼン戦を1-1で終えた。B04選手カイ・ハヴァルツが前半に先制ゴールを奪うが、ギド・ブルクシュタラーが後半開始直後に同点ゴールを決めた。ダニエル・カリジュリはPKを失敗している。

derby_13

ダービーで逆転勝利!シャルケ敵地で4得点

 FCシャルケ04は4月27日(土)、154回目を迎えた公式戦のルールダービーでドルトムントを4-2で下した。14分にマリオ・ゲッツェに先制を許すが、18分にダニエル・カリジュリ、28分にサリフ・サネがネットを揺らし逆転して試合を折り返す。後半に入ると62分にカリジュリが追加点を奪い、86分にはブレール・エンボロが止めの4点目を決めた。一方ドルトムントは、アクセル・ヴィツェルのゴールで84分に1点返している。

S04TSG_01

シャルケ、ホームでホッフェンハイムに2-5で敗れる

 FCシャルケ04はイースター休暇真っ只中の4月20日(土)、TSG1899ホッフェンハイムとホームでブンデスリーガ第30節を行い、2-5の大敗を喫した。16位のVfBシュトゥットガルトが同日FCアウグスブルクに0-6で敗れたため、シャルケは黒星にも関わらず入れ替え戦を強いられる16位シュトゥットガルトとの勝ち点差を6のままに留めた。