フランクフルトで2-2 ― 試合終了間際に勝点獲得

シャルケの連続不敗記録は、前季最後のブンデスリーガ戦でも破られることはなかった。FCシャルケ04は12月16日(土)、アイントラハト・フランクフルトとのアウェイ戦で一時は2点のリードを許したが、アディショナルタイムのナウドのゴールにより勝点1を手に入れた。これによりシャルケは公式戦12試合連続で負けなしとなった。ホームのフランクフルトの得点者はルカ・ヨヴィッチ(2分)とセバスティアン・ハラー(65分)。82分にシャルケに1点目をもたらしたのは、ブレール・エンボロだった。その後、ナウドが同点弾を決めた。

監督ドメニコ・テデスコは、前節FCアウグスブルク戦の先発メンバーから2点を変更してフランクフルト戦に臨んだ。フランコ・ディ・サントとウェストン・マッケニーに代わりスターティングメンバーに名を連ねたのは、イェフヘン・コノプリャンカとアレッサンドロ・シェプフだ。後季に試合経験を積むため、プリメーラ・ディビシオンのレバンテUDへの期限付移籍が発表されたコケはチームメンバーから外れた。

試合はシャルケにとって最悪な形で始まった。それというのも、試合開始から2分も経たないうちにホストのフランクフルトに先制点を許してしまったのだ。ミヤト・ガチノヴィッチのクロスから得点を決めたのは、ルカ・ヨヴィッチだ。この早い段階での失点は、当然シャルケにプラン変更を強いた。しかしシャルケはこの失点に大きく動揺することなく、先制点を手にして守備を固め、カウンターを狙うフランクフルトのゴールに向かって繰り返し積極的に攻め入る。だがその攻撃も決定打に欠け、ルーカス・フラデツキーの守るフランクフルトのゴールネットを揺らすことはできない。それでもシャルケはいくつか同点のビックチャンスを手にする。36分、イェフヘン・コノプリャンカが右サイドからグラウンダーのパスを送り、アミーヌ・アリが至近距離からシュートするが、フラデツキーにセーブされる。更にハーフタイム直前にアレッサンドロ・シェプフにも絶好のチャンスが訪れる。しかしゴール11m前やや右から放たれた同選手のシュートは、見事な反応を見せたフラデツキーによって阻まれた。

失点したにもかかわらず前半はシャルケが試合をコントロールしていたが、後半はフランクフルトがそのシャルケの攻撃にしっかりと対処してくる。その結果、シャルケはほとんどチャンスを作ることができない。そうこうするうちに、一瞬の隙を途中出場のセバスティアン・ハラーに容赦なく突かれ、シャルケは点差を2点に広げられてしまう(65分)。なんとか得点しようと全力でプレーするシャルケは82分、ギド・ブルクシュタラーの素晴らしいクロスをファーポストのブレール・エンボロが押し込んで1点を返す。しかしこれ以上は何も起こらないだろうという観客の予想を、シャルケは不屈の精神と闘志で裏切った。アディショナルタイム中にナウドがグラウンダーのシュートを決めて、見事シャルケに同点弾をもたらしたのだ。その直後に試合終了の笛が鳴り、シャルケは2017年最後のブンデスリーガ戦で勝点1を獲得した。

Share page

おすすめの記事

S04SGE_05

シャルケ、3位に勝点8差をつける好成績でシーズンを終える

最終節での価値ある勝利だ。5月12日(土)のアイントラハト・フランクフルト戦で、1-0での勝利を呼び込む値千金の決勝点を決めたのは、ギド・ブルクシュタラーだった。26分に同オーストリア人選手のもたらしたこのゴールにより、FCシャルケ04は3位に勝点差8をつけた準優勝クラブとして、今季のブンデスリーガを終えた。

fca_03

2―1でアウグスブルクに勝利 ― S04がブンデスリーガ準優勝とCL復帰を決める!

来季のUEFAチャンピオンズリーグ復帰が決まった!5月5日(土)のFCアウグスブルク戦に2-1で勝利したFCシャルケ04は、欧州最高峰の舞台への切符を勝ち取った。WWKアレーナでシャルケを勝利に導いた2得点は、そのどちらもがティロ・ケーラーによるものだった。同時刻にボルシア・ドルトムントが1-2で1. FSVマインツ05に敗れたため、最終節を待たずしてシャルケの今季2位の座は不動のものとなった。

180428_spielbericht_s04bmg

BMG戦は1-1の引き分け ― 数的不利のS04、勝点を得る

4月28日(土)のボルシア・メンヒェングラードバッハ戦で、FCシャルケ04は約80分間、1人少ない状況でのプレーを余儀なくされた。一度は0-1と先制されたにも関わらず最終的に試合を引き分けに持ち込んだシャルケは、貴重な勝点1ポイントを獲得した。12分にナビル・ベンタレブがレッドカードを提示され退場処分となり、32分にはラファエウがBMGに先制点をもたらすも、45分にシャルケに与えられたPKをダニエル・カリジュリが決めて試合を振り出しに戻した。

koeln_04

ケルンで引き分け ― S04、2-0から追いつかれ勝利を逃す

4月22日(日)に開催されたアウェイの1. FCケルン戦で、FCシャルケ04は試合の大半を有利に進めたものの、最終的に2-2での引き分けに甘んじることとなった。ブレール・エンボロ(5分)とイェフヘン・コノプリャンカ(23分)のゴールで早々にリードした後も好機を作り続けたシャルケだが、それ以上チャンスを得点に繋げることはできなかった。レオナルド・ビッテンコートの得点(26分)ですぐさま点差を縮めたケルンは、83分のマルセル・リッセのゴールで同点に追いつき、勝点1ポイントをもぎ取った。