フランクフルトで2-2 ― 試合終了間際に勝点獲得

シャルケの連続不敗記録は、前季最後のブンデスリーガ戦でも破られることはなかった。FCシャルケ04は12月16日(土)、アイントラハト・フランクフルトとのアウェイ戦で一時は2点のリードを許したが、アディショナルタイムのナウドのゴールにより勝点1を手に入れた。これによりシャルケは公式戦12試合連続で負けなしとなった。ホームのフランクフルトの得点者はルカ・ヨヴィッチ(2分)とセバスティアン・ハラー(65分)。82分にシャルケに1点目をもたらしたのは、ブレール・エンボロだった。その後、ナウドが同点弾を決めた。

監督ドメニコ・テデスコは、前節FCアウグスブルク戦の先発メンバーから2点を変更してフランクフルト戦に臨んだ。フランコ・ディ・サントとウェストン・マッケニーに代わりスターティングメンバーに名を連ねたのは、イェフヘン・コノプリャンカとアレッサンドロ・シェプフだ。後季に試合経験を積むため、プリメーラ・ディビシオンのレバンテUDへの期限付移籍が発表されたコケはチームメンバーから外れた。

試合はシャルケにとって最悪な形で始まった。それというのも、試合開始から2分も経たないうちにホストのフランクフルトに先制点を許してしまったのだ。ミヤト・ガチノヴィッチのクロスから得点を決めたのは、ルカ・ヨヴィッチだ。この早い段階での失点は、当然シャルケにプラン変更を強いた。しかしシャルケはこの失点に大きく動揺することなく、先制点を手にして守備を固め、カウンターを狙うフランクフルトのゴールに向かって繰り返し積極的に攻め入る。だがその攻撃も決定打に欠け、ルーカス・フラデツキーの守るフランクフルトのゴールネットを揺らすことはできない。それでもシャルケはいくつか同点のビックチャンスを手にする。36分、イェフヘン・コノプリャンカが右サイドからグラウンダーのパスを送り、アミーヌ・アリが至近距離からシュートするが、フラデツキーにセーブされる。更にハーフタイム直前にアレッサンドロ・シェプフにも絶好のチャンスが訪れる。しかしゴール11m前やや右から放たれた同選手のシュートは、見事な反応を見せたフラデツキーによって阻まれた。

失点したにもかかわらず前半はシャルケが試合をコントロールしていたが、後半はフランクフルトがそのシャルケの攻撃にしっかりと対処してくる。その結果、シャルケはほとんどチャンスを作ることができない。そうこうするうちに、一瞬の隙を途中出場のセバスティアン・ハラーに容赦なく突かれ、シャルケは点差を2点に広げられてしまう(65分)。なんとか得点しようと全力でプレーするシャルケは82分、ギド・ブルクシュタラーの素晴らしいクロスをファーポストのブレール・エンボロが押し込んで1点を返す。しかしこれ以上は何も起こらないだろうという観客の予想を、シャルケは不屈の精神と闘志で裏切った。アディショナルタイム中にナウドがグラウンダーのシュートを決めて、見事シャルケに同点弾をもたらしたのだ。その直後に試合終了の笛が鳴り、シャルケは2017年最後のブンデスリーガ戦で勝点1を獲得した。

Share page

You may also be interested in

180121_spielbericht

ハノーファーに1-1 ― ピアツァが先発デビューで初ゴール

FCシャルケ04はシーズン後半戦初勝利を逃した。RBライプツィヒ戦での敗北後、シャルケは1月21日(日)、ホームでハノーファー96と戦い1-1で引き分けた。マルコ・ピアツァが先発デビューを飾り、同選手のゴールでシャルケが先制に成功した(16分)。しかし試合終盤、今季昇格したハノーファーのニクラス・フュルクルクに同点ゴールを許し(86分)、1-1で試合を終えた。

TR2_0361 Kopie

ライプツィヒ戦1-3:黒星で新年がスタート

 1月13日(土)、今期前半戦の公式戦13試合無敗を維持していたFCシャルケ04に土がついた。シーズン後半の開幕戦となるRBライプツィヒ戦でドメニコ・テデスコ率いるチームは1-3で敗北を喫した。前半終盤に奪われたナビ・ケイタの先制点をナウドのゴール(55分)で帳消しとしたシャルケだったが、後半中盤に2失点を許した:ティモ・ヴェルナー(69分)、ブルーマ(71分)。

171213_spielbericht_augsburg

アウグスブルク戦に3-2で勝利‐S04が2位へ浮上!

12月13日(水)に行われたホームでの対FCアウグスブルク戦で3‐2の勝利を収めたFCシャルケ04は順位表2位へと躍り出た。フェルティンス・アレーナで行われた激戦の得点者は、フランコ・ディ・サント(44分)、ギド・ブルクシュタラー(47分)、ダニエル・カリジュリ(81分)である。

BMGS04_21

メンヒェングラードバッハで1-1。S04は公式戦10試合黒星なし

 FCシャルケ04は12月9日(土)に行われたメンヒェングラードバッハでのアウェイ戦後、勝点1と共にゲルゼンキルヒェンへ帰ることになった。試合開始から24分後にクリストフ・クラマーが得点を決め、この拮抗した面白い試合の先制点はグラードバッハが手に入れる。そしてシャルケに同点ゴールをもたらしたのも同じくグラードバッハの選手であった:ヤニク・ヴェステルゴーアがダニエル・カリジュリのセンタリングしたボールを自陣のゴールへと押し込んだのだ(62分)。