ボルシアMG相手に0-2 - 数的不利のシャルケが敗北

 FCシャルケ04は、2019年初の敗北を喫することとなった。直近3試合で負けなしだったシャルケは、2月2日(土)にフェルティンス・アレーナで行われたボルシア・メンヒェングラードバッハ戦(0-2)では勝点を獲得することができなかった。この試合でシャルケは、59分にアレクサンダー・ニューベルが決定機阻止でレッドカードを出され、数的不利に陥った。ボルシアMGに得点をもたらしたのはクリストフ・クラマー(85分)とフローリアン・ノイハウス(90+1分)だった。

負傷選手3人が欠場、マトンドがデビュー

 監督ドメニコ・テデスコは前節ヘルタBSC戦の先発メンバーから3人を変更した。アレッサンドロ・シェプフ、ベンジャミン・スタンブリ、スティーヴン・スクリプスキはベルリンで負傷したために今節の欠場を余儀なくされた。この3選手に代わり、ボルシアMG戦ではスアト・セルダー、ナビル・ベンタレブ、そして出場停止明けのウェストン・マッケニーがスターティングメンバーに名を連ねた。また、新加入のラビ・マトンドとジェフリー・ブルマがベンチ入りした。前者は75分にセバスティアン・ルディと交代で途中出場し、フェルティンス・アレーナでデビューを果たした。

前半のチャンスは同等

 冬らしい気温の中行われた試合で、両クラブともリズムを掴むまでに時間を擁した。しかし様子見となった序盤が過ぎると、ゴール付近のシーンが多くなる。その口火を切ったのはダニエル・カリジュリだ。だが、ボルシアMG戦でシャルケのキャプテンとしてプレーした同選手のミドルシュートはゴール左に外れる(11分)。その後は両クラブのシュートの撃ち合いとなる。15分にラース・シュティンドルがPAぎりぎりから放ったシュートはゴールネットの外側に当たる。続いてピッチの反対側ではマルク・ウートがコノプリャンカのクロスに頭で合わせるも、ボールはゴール上に飛んだ(17分)。

 その1分後、シャルケにピンチが訪れる。デニス・ザカリアに至近距離からシュートを許したが、ニューベルが足を伸ばしてクリアし、コーナーに逃れる。その後しばらく試合は停滞したが、シャルケが前半終盤に再び勢いづく。そして40分、カリジュリがこの日一番のビックチャンスを作り出した。同選手はやや左の位置で得たFKから直接ゴールを狙ったが、惜しくも紙一重で外れ、ゴールネット外側に当たるに止まった。

数的有利のグラードバッハが2得点

 後半に入っても、両チームの守備陣はしっかりと義務を果たし、相手選手に全く好機を与えない。そのため中距離からゴールを狙うことが多くなるが、ザカリアもイェフヘン・コノプリャンカも相手GKに得点を阻まれる。

 そして試合開始から1時間が経過する頃、それは起こった。フリーでロングパスを受けようとシャルケ・ゴールに迫るトルガン・アザールを阻止しようとしたニューベルだったが、一歩遅く、決定機の阻止を理由にレッドカードで退場になってしまう。これを受け、テデスコはコノプリャンカに代えてフェアマンをピッチに投入する。続くボルシアMGのFKはアザール自らが蹴ったが、ボールはクロスバーを越えた。

 数的有利となったボルシアMGは優位にゲームを進め、シャルケのペナルティーエリア付近で連係し、チャンスを作る。しかし1人欠けたシャルケもコンパクトに守り、フェアマンの手を煩わせない。その後の71分、ボルシアMGはシュティンドルのFKで絶好のチャンスを得るが、これはフェアマンが見事にセーブした。だがグラードバッハはその後もプレッシャーを強め、ついに85分にアザールのパスからクラマーがシャルケのゴールを揺らし、先制点を手にする。10人で戦うシャルケはボルシアMG相手に同点弾のチャンスを作ることはできず、それどころか追加点を許してしまう。再びアザールのアシストで、ノイハウスがループシュートを決めてスコアを0-2とした(90+1分)。シャルカーはボルシアMG相手にホームで勝点を手に入れることができず、2019年最初の敗北を喫することとなった。

おすすめの記事

S04TSG_01

シャルケ、ホームでホッフェンハイムに2-5で敗れる

 FCシャルケ04はイースター休暇真っ只中の4月20日(土)、TSG1899ホッフェンハイムとホームでブンデスリーガ第30節を行い、2-5の大敗を喫した。16位のVfBシュトゥットガルトが同日FCアウグスブルクに0-6で敗れたため、シャルケは黒星にも関わらず入れ替え戦を強いられる16位シュトゥットガルトとの勝ち点差を6のままに留めた。

190412_fcn_s04

久保の得点をナスタシッチが帳消しにする:S04はニュルンベルクで1-1の引き分け

 4月12日(金)夜、FCシャルケ04は1.FCニュルンベルクと1-1のドローを演じた。アレクサンダー・ニューベルのPKストップ、FCN選手久保裕也の先制ゴール、マティヤ・ナスタシッチの同点弾がこの試合のハイライトとなった。

S04SGE_02

フランクフルトがアディショナルタイム9分に勝ち越し

 フェルティンス・アレーナの午後は苦いものとなった。FCシャルケ04は4月6日(土)、アイントラハト・フランクフルトに1-2で敗れた。2019年に入り未だ公式戦15試合連続無敗記録を更新中の同チームは、ハンドによって得たPKをルカ・ヨヴィッチがアディショナルタイム9分に沈め勝利を手にした。

hannover_07

1-0 ― セルダーのゴールでシャルケが勝利

 FCシャルケ04は3月31日(日)、約2ヶ月振りにブンデスリーガで勝点3を獲得した。監督フーブ・ステフェンス率いるシャルケはスアト・セルダーの得点(39分)により、1-0でハノーファー96とのアウェイ戦に勝利した。