0 - 4― フォルトゥナ・デュッセルドルフに大敗

 勝利の喜びは今節もお預けとなった。直近5試合のブンデスリーガ戦で勝利を逃しているシャルケは、フォルトゥナ・デュッセルドルフ戦でも勝点を手に入れることはできなかった。3月2日(土)にフェルティンス・アレーナで行われた試合は、0-4で昇格組デュッセルドルフの勝利に終わった。得点者はドディ・ルケバキオ(31分/ PK)、ダヴィド・コヴナツキ(62分、84分)、ベニト・ラマン(69分)だ。

選手2人がカムバックを果たす

 フォルトゥナ戦では、1月末にベルリンで頬骨を骨折したベンジャミン・スタンブリが先発復帰した。マスクを着用してプレーした同選手はセバスティアン・ルディに代わってスターティングメンバーに名を連ね、キャプテンとしてチームを率いた。同じくギド・ブルクシュタラーも足の負傷から回復し、スティーヴン・スクリプスキ(後半に途中出場)に代わり先発出場を果たした。

 先発メンバーには両選手の他に2点の変更が見られた。マインツ戦に先発したバスティアン・オツィプカは足指の炎症のため欠場し、同選手に代わってハムザ・メンディルが左サイドで起用された。また、オマール・マスカレルに代わりアミーヌ・アリがスターティングメンバーに入った。更に、昨年11月11日のフランクフルト戦で中足骨を骨折したブレール・エンボロがメンバー入りし、試合終盤に途中出場し、試合復帰を果たした。

ルケバキオがPK成功

 シャルケは前半、上手く連携することができなかった。コンパクトな守備のフォルトゥナにパスコースを塞がれ、その対処策を見つけることができない。試合開始から10分にサリフ・サネが前半最大のチャンスを作ったが、カリジュリのフリーキックに頭で合わせたものの、そのシュートは右ポストの横に外れた。

 対するデュッセルドルフは前節の勝利で自信をつけており、今節も試合開始21分にシャルケのゴールネットを揺らす。しかしここでVARが介入し、このルケバキオの得点前のアミーヌ・アリに対するラマンのファールを指摘。これを受けて主審Dr.フェリックス・ブリッヒは映像を確認し、ルケバキオのゴールを無効とした。だが35分、シャルケはマティヤ・ナスタシッチのハンドによりPKを献上。アレクサンダー・ニューベルは正しい方向に飛んだものの止められず、ルケバキオに先制ゴールを奪われた。

デュッセルドルフは3点追加、シャルケは得点なし

 後半冒頭、シャルケは勢いのあるプレーで前線にボールを送り、好機を演出する。55分、ダニエル・カリジュリのパスからアミーヌ・アリに同点のビックチャンスが訪れるが、フォルトゥナGKミヒャエル・レンジングの好セーブに阻まれる。シャルケはその後、これといったチャンスを作ることができなかった。

 シャルケの猛攻を凌いだデュッセルドルフは攻撃に転じ、ゴールを重ねる。62分、ラマンがカウンターを仕掛けてコヴナツキが左足でフィニッシュに持ち込み、0-2とする。その後もフォルトゥナは攻撃の手を緩めない。再びカウンターのチャンスを得ると、ルケバキオのパスから最後はラマンがシャルケゴールの14m前やや左からシュートを決め、チームに3点目をもたらす(68分)。しかし試合はこれで終わらなかった。宇佐美貴史のクロスをクリアしたニューベルだったが、ボールはコヴナツキの足元に飛ぶ。同選手が振り向き様にシュートを放ち、この日2得点目を記録(84分)。こうして最終スコアは0-4となり、シャルケはホームでフォルトゥナに大敗を喫した。

おすすめの記事

S04RBL_09

0-1 – シャルケがライプツィヒ戦で敗北

 フーブ・シュテフェンスが監督に復帰したFCシャルケ04はRBライプツィヒ戦で勝点を奪えなかった。3月16日(土)午後、シャルケはエネルギッシュなパフォーマンスを披露したが、リーグ3位のRBライプツィヒに0-1で敗北した。今日の唯一のゴールはドイツ代表ティモ・ヴァルナーから生まれた(14分)。

190308_embolo

2-4でブレーメンに敗北 - 良い試合内容を示すも勝点を得られず

 2019年3月9日(金)、FCシャルケ04はヴェルダー・ブレーメンとの試合で前節フォルトゥナ・デュッセルドルフ戦とは全く異なるパフォーマンスを示した。だがこの素晴らしい試合内容が報われることはなく、白熱した一戦は4-2でホームチームに軍配が上がった。シャルケの2得点はブレール・エンボロから生まれた。

Nabil Bentaleb

敵地マインツ戦は0-3の敗北

 2019年2月23日(土)、FCシャルケ04はマインツで0-3の敗北を喫した。サンドロ・シュヴァルツ率いるチームはカリム・オニシウォ(18分、84分)がドッペルパック、ジャン=フィリップ・マテタ(73分)がゴールを決めた。

FC Schalke 04 – SC Freiburg | Bundesliga

45分間以上で数的不利 – S04対フライブルク戦は0-0

 2019年2月16日(土)、FCシャルケ04はSCフライブルクとゴールレスドローで試合を終えた。フェルティンス・アレーナで開催された同試合42分にスアト・セルダーの一発退場でS04は45分間以上、数的不利での戦いを強いられた。後半アディショナルタイムにはフライブルクDF選手クリスティアン・ギュンターもこの試合2枚目のイエローカードを受けて退場となった。