1-2 ― シャルケがダービーで敗北

 これまでにダービー戦5試合連続で負け知らずだったFCシャルケ04だが、12月8日(土)に再び敗北を喫することとなった。完売のフェルティンス・アレーナで行われた公式戦153回目の地元クラブ同士の対決は、トーマス・デラニー(7分)とジェイドン・サンチョ(74分)の得点により、ボルシア・ドルトムントに軍配が上がった。シャルケはダニエル・カリジュリのPKで一度は同点としたものの、最終的に勝点を獲得することはできなかった。

マッケニーとアリが先発出場

 監督ドメニコ・テデスコは前節のスターティングメンバーから2人を変更し、ダービーに臨んだ。スアト・セルダーとハジ・ライトに代わり先発入りを果たしたのは、ウェストン・マッケニーとアミーヌ・アリだ。セルダーは後半に途中出場したが、U23ストライカーのライトは今節のメンバーに入らなかった。

早い時間帯に失点

 試合開始直後はお互いの出方を窺っていた両チームだが、シャルケはBVBに早い時間帯に先制点を奪われてしまう。ゴール6m前にいたトーマス・デラニーがマルコ・ロイスのFKに頭で合わせ、シャルケのゴールネットを揺らす(7分)。その3分後、シャルケに同点のチャンスが訪れる。しかしBVBのペナルティーエリア内でのアクセル・ヴィツェルのハンドプレー後、主審ダニエル・ジーベルトは試合続行を指示する。その後VARによる確認が行われたが、シャルケにPKが与えられることはなかった。

 試合開始から18分、ブラック&イエローのチームが追加点の好機を得る。ゴールの18m前、やや左からパコ・アルカセルがシャルケゴールを狙うが、これはゴール右に外れる。そして28分、シャルケに再び同点のビックチャンスが訪れる。オツィプカの左CK後、ゴール前の混戦を経てボールはギド・ブルクシュタラーの下へ。すぐさま至近距離からシュートに持ち込む同選手だが、見事な反応を見せた相手GKロマン・ビュルキにセーブされてしまう。そのブルクシュタラーは36分、負傷によりピッチを退くこととなった。既に試合前に軽傷を負っていた同オーストリア代表に代わり、ハムザ・メンディルが途中出場した。

カリジュリがPK、サンチョがファーサイドに決める

ハーフタイムが終わり、シャルケは強い闘志と共に後半をスタートする。チームはやや優位に試合を進めるが、なかなかそれを得点に繋げることができない。しかし61分、ついにシャルケに得点が入る。相手のファールで得たPKをダニエル・カリジュリが決めて、同点とした。このアミーヌ・アリに対するマルコ・ロイスのPA内でのファールは一度は見逃されたものの、主審はVARの指摘を受けてレビューを確認後、ペナルティーマークを示した。

 シャルケは安定した守備をしていたものの、1-1となった後に再びテンポを上げたBVBに再度ゴールを許してしまう。ラファエル・ゲレイロとのコンビネーション後、ジェイドン・サンチョにPA内左からフリーでシュートを打たれ、ファーサイドに追加点を決められた(74分)。その5分後にはマルコ・ロイスに同じような位置からフィニッシュに持ち込まれるが、これはラルフ・フェアマンが素晴らしいセービングで阻止した。更にその5分後、再びシャルケのゴールが危険に晒される。しかしラファエル・ゲレイロのシュートは左ポスト直撃に終わった。最後まで諦めないシャルケだが、これ以上危険なチャンスを作れないまま試合は1-2で終了。ホームでのダービー戦だったが、残念ながら勝点を獲得することはできなかった。

おすすめの記事

FC Schalke 04 – VfB Stuttgart

監督フーブ・ステフェンスの最終戦は引き分け

 FCシャルケ04は2018-19シーズンのラストマッチとなったVfBシュトゥットガルト戦をゴールレスドローで終えた。同試合はフーブ・ステフェンスにとっても最後のブンデスリーガゲームとなった。チームの成績不振を理由に3月から暫定監督を務めた同オランダ人指揮官は再び監査役会の仕事に戻る。

Bayer 04 Leverkusen – FC Schalke 04

戦い抜いたシャルケがレヴァークーゼンで引き分ける

 FCシャルケ04はアウェイでの今季ブンデスリーガ第33節バイエル・レヴァークーゼン戦を1-1で終えた。B04選手カイ・ハヴァルツが前半に先制ゴールを奪うが、ギド・ブルクシュタラーが後半開始直後に同点ゴールを決めた。ダニエル・カリジュリはPKを失敗している。

FC Schalke 04 – FC Augsburg

アウグスブルク戦は0-0 ― 好機を作るも勝利を逃す

 FCシャルケ04は5月5日(日)、FCアウグスブルクとのホーム戦で0-0の引き分けに甘んじることとなった。シャルケは数多くのチャンスを活かすことなく、後半のスアト・セルダーのシュートはポストに阻まれた。

derby_13

ダービーで逆転勝利!シャルケ敵地で4得点

 FCシャルケ04は4月27日(土)、154回目を迎えた公式戦のルールダービーでドルトムントを4-2で下した。14分にマリオ・ゲッツェに先制を許すが、18分にダニエル・カリジュリ、28分にサリフ・サネがネットを揺らし逆転して試合を折り返す。後半に入ると62分にカリジュリが追加点を奪い、86分にはブレール・エンボロが止めの4点目を決めた。一方ドルトムントは、アクセル・ヴィツェルのゴールで84分に1点返している。