0-2:S04が効率的なブレーメンに敗北

 10月20日(土)夜、ヴェルダー・ブレーメンをホームに迎えたFCシャルケ04は0-2で敗戦。マクシミリアン・エッゲシュタインがドッペルパックを奪った。

怪我したフェアマンに代わってニューベルが先発

 ドメニコ・テデスコは2-0で勝利した前節フォルトゥナ・デュッセルドルフ戦の先発から3箇所でメンバー変更を行った。主将ラルフ・フェアマンはウォーミングアップ中に負傷してアレクサンダー・ニューベルがGKポジションに入った。22歳の同選手にとってプロ初のスタメンとなった。加えてアミーヌ・アリとアレッサンドロ・シェプフが先発復帰。一方でフランコ・ディ・サントとスアト・セルダーがベンチスタートとなった。この試合はナウドがキャプテンマークを巻いた。

マキシミリアン・エッゲシュタインがハーフタイム直前に得点を奪う

 シャルケは試合序盤から勇敢に前線へと進むが、前半の45分間で絶好機を作り出すことは出来なった。唯一のチャンスと言えば、5分にギド・ブルクシュタラーが右サイドから抜け出してボックス内でシュートしたがゴール枠外のシーンだけだった。

 ハーフタイム直前の43分にマックス・クルーゼのパスを受けたマクシミリアン・エッゲシュタインがボックス中央手前から右足を振り抜いてゴール左隅に叩き込み、アウェイチームが1点リードで前半を終えた。

後半直後に決定機

 ドメニコ・テデスコはハーフタイムでハムザ・メンディルをベンチに下げて、マルク・ウートを投入して前線の選手を増やした。そして後半キックオフから30秒後にアミーヌ・アリにチャンスが訪れたがゴールバーの上に外してしまった。テンポを上げてきたS04はロングボールからブルクシュタラーに絶好機を迎える。しかしシュートはパヴレンカの足に当たってわずかにゴールポスト左に外れる。続けて左CKからサリフ・サネが空中戦に競り勝つが枠外だった(58分)。攻撃の手を緩めないシャルケは左サイドからウートのクロスにウェストン・マッケニーと途中出場のフランコ・ディ・サントが飛び込むも両者共に試合を振り出しに戻せなかった(64分)。

マクシミリアン・エッゲシュタインがドッペルパック

 防戦一方だったヴェルダーが後半最初のチャンスを活かす。67分、マキシミリアン・エッゲシュタインがボックス内から左足で決めてドッペルパックを記録した。

 ホームで負けられないシャルケは72分、ナビル・ベンタレブの右CKからナウドが打点の高いヘディングシュートで狙うもパヴレンカがパンチングでセーブ。120秒後、マックス・クルーゼに強烈なミドルシュートを打たれてシャルケは肝を冷やす。残り時間5分となり、ブルクシュタラーがブレーメン守備ラインの裏をとって独走。だが枠内にシュートが打てなかった。87分にはケヴィン・メーヴァルトのミドルシュートをニューベルが止め、88分はディ・サントのクロスにウートが頭で合わせるもパヴレンカが好セーブでスコアを動かせない。最後まで攻め続けたシャルケは効率的な試合運びをしたブレーメンに勝点3を与えてしまった。

アウェイ3連戦、次のホームゲームはハノーファー戦

 シャルケの次の公式戦は敵地でのガラタサライ・インスタブール戦(10月24日(水)現地時間21時00分、CL)。その後はRBライプツィヒ(10月28日(日)現地時間15時30分、ブンデスリーガ)、1.FCケルン(10月31日(木)現地時間18時30、DFBポカール)と続く。そして11月3日(土)現地時間15時30分にフェルティンス・アレーナでハノーファー96と対戦する。

おすすめの記事

S04RBL_09

0-1 – シャルケがライプツィヒ戦で敗北

 フーブ・シュテフェンスが監督に復帰したFCシャルケ04はRBライプツィヒ戦で勝点を奪えなかった。3月16日(土)午後、シャルケはエネルギッシュなパフォーマンスを披露したが、リーグ3位のRBライプツィヒに0-1で敗北した。今日の唯一のゴールはドイツ代表ティモ・ヴァルナーから生まれた(14分)。

190308_embolo

2-4でブレーメンに敗北 - 良い試合内容を示すも勝点を得られず

 2019年3月9日(金)、FCシャルケ04はヴェルダー・ブレーメンとの試合で前節フォルトゥナ・デュッセルドルフ戦とは全く異なるパフォーマンスを示した。だがこの素晴らしい試合内容が報われることはなく、白熱した一戦は4-2でホームチームに軍配が上がった。シャルケの2得点はブレール・エンボロから生まれた。

S04F95_03

0 - 4― フォルトゥナ・デュッセルドルフに大敗

 勝利の喜びは今節もお預けとなった。直近5試合のブンデスリーガ戦で勝利を逃しているシャルケは、フォルトゥナ・デュッセルドルフ戦でも勝点を手に入れることはできなかった。3月2日(土)にフェルティンス・アレーナで行われた試合は、0-4で昇格組デュッセルドルフの勝利に終わった。得点者はドディ・ルケバキオ(31分/ PK)、ダヴィド・コヴナツキ(62分、84分)、ベニト・ラマン(69分)だ。

Nabil Bentaleb

敵地マインツ戦は0-3の敗北

 2019年2月23日(土)、FCシャルケ04はマインツで0-3の敗北を喫した。サンドロ・シュヴァルツ率いるチームはカリム・オニシウォ(18分、84分)がドッペルパック、ジャン=フィリップ・マテタ(73分)がゴールを決めた。