カリジュリがドッペルパック – S04が白星でシーズン後半戦をスタート

 FCシャルケ04が勝利で今年をスタートした。2019年1月20日(日)のフェルティンス・アレーナ、S04は今季後期開幕試合のVfLヴォルフスブルク戦で2-1の勝利を獲得。マッチウィナーは前後半(8分、78分)で得点を奪ったダニエル・カリジュリ。その他にヴォルフスブルクのエルヴィス・レジュベツァイが一時同点となるゴールを奪った(20分)。

ウートが先発復帰、ニューベルが正GK

 怪我で2ヶ月以上離脱していたマーク・ウートが再び公式戦の先発メンバーに復帰した。加えて打撲の影響で最近までチーム練習に参加していなかったサリフ・サネもスタメン入り。ドメニコ・テデスコはGKポジションで変更を行った:この試合の正GKにアレクサンダー・ニューベルを起用。ベンジャミン・スタンブリがキャプテンとしてチームを牽引することになった。

 シャルケはナビル・ベンタレブ(大腿部の怪我)、ギド・ブルクシュタラー(腱損傷)、ブレール・エンボロ(中足骨の骨折)、アミーヌ・アリ(筋損傷)、イェフェン・コノプリャンカ(感染症)を欠いて戦う必要があった。

カリジュリがPK成功、レジュベツァイが同点弾を奪う

 試合開始5分、ヴォルフスブルクがヤニック・ゲルハルトからのクロスをアドミル・メーメディが空中戦を制してヘディングシュート。だがアレクサンダー・ニューベルが素晴らしい反応でCKに逃れた。ピンチを切り抜けたシャルケは3分後に試合を動かす。ボックス内でウィリアムに倒されたアレッサンドロ・シュプフがPKを獲得。PKキッカーを務めたダニエル・カリジュリは落ち着いてゴール左隅に決めて、この試合最初のゴールを記録した(8分)。

 勢いに乗るS04は13分、スティーヴン・スクリプスキがペナルティーエリア手前から右足を振り抜くもゴール左。そして20分、アウェイチームが試合を振り出しに戻すことに成功。右からのアーリークロスをファーサイドでメーメディがダイレクトシュート。ボールは右ポストに阻まれたが、こぼれ球をエルヴィス・レジュベツァイが押し込んでスコアを1-1とした。

 試合の主導権を握ったWOBは27分にゲルハルトがシャルケ守備陣の裏でメーメディからパスを引き出し、絶好機を迎えるもニューベルが立ちはだかる。劣勢なシャルケは39分、相手陣内右サイドでFKを獲得。カリジュリがゴール前に素晴らしいボールを蹴ったがマティヤ・ナスタシッチは上手くミートできなかった。前半終了直前にはカリジュリが右サイドからドリブルでカットインして左足シュートを打ったがゴール右に外した。

カリジュリが2点目を奪って勝利を呼び込む

 後半開始から5分、ウェストン・マッケニーの左サイドからのクロスをファーサイドでマーク・ウートが頭で合わせたがゴールライン上でクーン・カステールスがファインセーブ。その後の右CKからセバスティアン・ルディが空中戦を競り勝つがボールはゴールバーを直撃した(50分)。

 52分には相手選手のクリアミスをマッケニーが直接打つがゴール右に外れた。一方ヴォルフルブルクも66分、シャルケボックス内でサネからボールを奪ったヴァウト・ヴェフホルストがコースを狙ったシュートを打つ。しかしボールはゴール枠内に飛ばなかった。一進一退の攻防が続き、両チームはゴール前でチャンスが作れず試合終盤に入る直前、再びシャルケがリードを奪う。敵陣左サイドから中央へドリブルしたマッケニーが右サイドを駆け上がったカリジュリへパス。同右SB選手は一度切り返してから左足を一閃。ボールはゴール右に突き刺さった(78分)。

 ヴォルフスブルクは前線に人数をかけて得点を奪いに行くがなかなか有効な手が見つけられない。だが89分、ジョン・アンソニー・ブルックスがゴール前で意表を突くシュートを打ち込むも右ポストの横を通過した。反対にS04は後半アディショナルタイムに途中出場のハジ・ライトとアハメド・クトゥチュにビックチャンスがやって来るがダメ押しの3点目は生まれず。しかしリードを守りきったシャルケは2019年を白星でスタートした。

ベルリンでのナイトゲーム

 チームは次節に今年初のアウェイゲームを戦う。今季ブンデスリーガ第19節開幕戦となるヘルタ・ベルリン対シャルケ04戦は1月25日(金)現地時間20時30分キックオフ、開催地はドイツの首都ベルリンにあるベルリン・オリンピアシュタディオン。S04の次のホーム戦は2月2日(土)現地時間18時30分からキックオフ。フェルティンス・アレーナでボルシア・メンヒェングラードバッハと激突する。

おすすめの記事

S04TSG_01

シャルケ、ホームでホッフェンハイムに2-5で敗れる

 FCシャルケ04はイースター休暇真っ只中の4月20日(土)、TSG1899ホッフェンハイムとホームでブンデスリーガ第30節を行い、2-5の大敗を喫した。16位のVfBシュトゥットガルトが同日FCアウグスブルクに0-6で敗れたため、シャルケは黒星にも関わらず入れ替え戦を強いられる16位シュトゥットガルトとの勝ち点差を6のままに留めた。

190412_fcn_s04

久保の得点をナスタシッチが帳消しにする:S04はニュルンベルクで1-1の引き分け

 4月12日(金)夜、FCシャルケ04は1.FCニュルンベルクと1-1のドローを演じた。アレクサンダー・ニューベルのPKストップ、FCN選手久保裕也の先制ゴール、マティヤ・ナスタシッチの同点弾がこの試合のハイライトとなった。

S04SGE_02

フランクフルトがアディショナルタイム9分に勝ち越し

 フェルティンス・アレーナの午後は苦いものとなった。FCシャルケ04は4月6日(土)、アイントラハト・フランクフルトに1-2で敗れた。2019年に入り未だ公式戦15試合連続無敗記録を更新中の同チームは、ハンドによって得たPKをルカ・ヨヴィッチがアディショナルタイム9分に沈め勝利を手にした。

hannover_07

1-0 ― セルダーのゴールでシャルケが勝利

 FCシャルケ04は3月31日(日)、約2ヶ月振りにブンデスリーガで勝点3を獲得した。監督フーブ・ステフェンス率いるシャルケはスアト・セルダーの得点(39分)により、1-0でハノーファー96とのアウェイ戦に勝利した。