45分間以上で数的不利 – S04対フライブルク戦は0-0

 2019年2月16日(土)、FCシャルケ04はSCフライブルクとゴールレスドローで試合を終えた。フェルティンス・アレーナで開催された同試合42分にスアト・セルダーの一発退場でS04は45分間以上、数的不利での戦いを強いられた。後半アディショナルタイムにはフライブルクDF選手クリスティアン・ギュンターもこの試合2枚目のイエローカードを受けて退場となった。

カリジュリの代役にマッケニー

ダニエル・カリジュリは古巣との一戦をスタンドで観戦することになった。ドイツ系イタリア人の同選手は前節で今季累積5枚目のイエローカードを提示されて出場停止となった。同右サイドのポジションには前節バイエルン戦でMFのポジションでプレーしたウェストン・マッケニーが入った。加えてマティヤ・ナスタシッチ、オマール・マスカレル、アミーヌ・アリ、ラビ・マトンド、マーク・ウートが先発に起用され、一方でジェフリー・ブルマ、セバスティアン・ルディ、ナビル・ベンタレブ、イェフヘン・コノプリャンカがベンチスタートとなった。

セルダーが一発レッド

試合開始2分、マルク・ウートが少し距離のある位置から強烈なシュートをSCフライブルクゴールへ放つが、アレクサンダー・シュヴォロフがパンチングで止める。良いリズムで試合に入ったシャルケは試合を支配し始め、ボールを奪われても前線から激しいプレスを仕掛けて相手チームに自由を与えなかった。だがシャルケはボールをキープするが攻撃の形は作れず、相手ゴール前に侵入できない。

29分にようやく右サイドの敵陣深くでボールを受けたウェストン・マッケニーがアミーヌ・アリへパス。同モロッコ人選手はペナルティーエリア中央手前にいたオマール・マスカレルへボールを渡す。だがシャルケ背番号6のシュートは惜しくもゴール上に外れた。その10分後、ラビ・マトンドが左サイドからゴール前にパス。ウートがそのボールをダイレクトで叩いたが上手くヒットしなかった(39分)。ゲームをコントロールしていたシャルケに不運な出来事が起きる。42分、マイク・フランツに危険なタックルをしたスアト・セルダーがレッドカードを提示され、S04は数的不利の状況に陥った。

フライブルクのPKが取り消しに

 後半キックオフから1分も経たずに数的有利のSCフライブルクがにチャンスを作る。右サイドのフリーキックからファーサイドで後半開始から出場したジェローム・ゴンドルフが頭で合わせるが、ここはラルフ・フェアマンが何とか防いだ(46分)。さらに同様に後半からピッチに入ったルカ・ヴァルトシュミット(61分)、ニルス・ペーターゼン(62分)、ヴィンチェンツォ・グリフォ(62分)が立て続けに先制ゴールを狙ったがフェアマンが阻止。畳み掛けるようにアウェイチームは71分、左ショートコーナーからフィリップ・リエンハルトがゴール前で絶好機を迎えるも、同選手のヘディングシュートはゴールバーの上を通過した。

 シャルケもショートカウンターからチャンスを作り出す。75分、ウートからのスルーパスをペナルティーエリア内で受けたマトンドはシュートを選択したが、ボールはゴール枠内には飛ばなかった。その3分後に右サイドのフリーキックからゴール前でマッケニーとマティヤ・ナスタシッチが決定的チャンスを迎えるもシュートが打てず(79分)。試合終盤に入った81分にマスカレルがペナルティーエリア内でクリスティアン・ギュンターのクロスを腕で止めたとしてSCフライブルクにPKが与えられたが、VAR判定後に同判定が覆った。後半アディショナルタイムにはギュンターがこの試合2枚目のイエローカードで退場となり、数的同数に戻ったがスコアは変わることなくゴールレスで試合終了となった。

シャルケがチャンピオンズリーグマッチに臨む

 来週、チームはイングリッシュウィークに入る。CL決勝トーナメント・ラウンド16の1stレグ(2月20日(火)現地時間21時00分)、S04はフェルティンス・アレーナでマンチェスター・シティを迎え撃つ。この前季プレミアリーグ王者との一戦では、シャルケユース育ちのレロイ・サネとの再会が待っている。その4日後の2月23日(土)現地時間15時30分からドメニコ・テデスコ監督率いるチームはブンデスリーガ第23節1.FSVマインツ05と対戦する。

おすすめの記事

FC Schalke 04 – VfB Stuttgart

監督フーブ・ステフェンスの最終戦は引き分け

 FCシャルケ04は2018-19シーズンのラストマッチとなったVfBシュトゥットガルト戦をゴールレスドローで終えた。同試合はフーブ・ステフェンスにとっても最後のブンデスリーガゲームとなった。チームの成績不振を理由に3月から暫定監督を務めた同オランダ人指揮官は再び監査役会の仕事に戻る。

Bayer 04 Leverkusen – FC Schalke 04

戦い抜いたシャルケがレヴァークーゼンで引き分ける

 FCシャルケ04はアウェイでの今季ブンデスリーガ第33節バイエル・レヴァークーゼン戦を1-1で終えた。B04選手カイ・ハヴァルツが前半に先制ゴールを奪うが、ギド・ブルクシュタラーが後半開始直後に同点ゴールを決めた。ダニエル・カリジュリはPKを失敗している。

FC Schalke 04 – FC Augsburg

アウグスブルク戦は0-0 ― 好機を作るも勝利を逃す

 FCシャルケ04は5月5日(日)、FCアウグスブルクとのホーム戦で0-0の引き分けに甘んじることとなった。シャルケは数多くのチャンスを活かすことなく、後半のスアト・セルダーのシュートはポストに阻まれた。

derby_13

ダービーで逆転勝利!シャルケ敵地で4得点

 FCシャルケ04は4月27日(土)、154回目を迎えた公式戦のルールダービーでドルトムントを4-2で下した。14分にマリオ・ゲッツェに先制を許すが、18分にダニエル・カリジュリ、28分にサリフ・サネがネットを揺らし逆転して試合を折り返す。後半に入ると62分にカリジュリが追加点を奪い、86分にはブレール・エンボロが止めの4点目を決めた。一方ドルトムントは、アクセル・ヴィツェルのゴールで84分に1点返している。