オマール・マスカレルが2022年までの4年契約にサイン

 ブンデスリーガから新加入選手:FCシャルケ04がオマール・マスカレルを獲得した。セントラル・ミッドフィルダーの同選手は直近2シーズンをアイントラハト・フランクフルトでプレーし、それ以前はレアル・マドリードに所属していた。25歳の同選手はシャルケと2022年6月30日までの4年契約を交わした。

 マスカレルは「この素晴らしいスタジアムを持つビッククラブのためにプレーできるなんて、信じられない気持ちだ」と感激を露わにした。そして「僕はチームプレーヤーさ。チームを助けるために、いつもその場にいる。その上向上心も強い。トレーニングでも試合でも、いつも勝ちたいと思っている」と、自身がどのような選手か説明した。

 監督ドメニコ・テデスコは「オマール・マスカレルが我々と共に道を進むことを、とても嬉しく思う。彼は我々の助けとなるだろう選手だ。そしてそのクオリティーを既にブンデスリーガで証明している」とマスカレルの加入を喜び、「オマールはよく走り、対人戦にも強いし、理知的なプレーをする。彼と共に働くのを楽しみにしている」と、同選手に寄せる期待を窺わせた。

僕はチームプレーヤーさ。チームを助けるために、いつもその場にいる。

オマール・マスカレル

 スポーツマネージャーのクリスティアン・ハイデルは「この移籍を実現するために、長い時間集中して取り組んできた。オマール・マスカレルがシャルケ04でプレーすると決断したことを嬉しく思う」とコメントした。マスカレルはFCシャルケ04にとって、マルク・ウート(TSG 1899ホッフェンハイム)、サリフ・サネ(ハノーファー96)、スアト・セルダー(1. FSVマインツ05)、スティーヴン・スクリプスキ(1. FCウニオン・ベルリン)に続く5人目の新加入選手だ。

 1993年2月2日にテネリフェ島に生まれたオマール・マスカレルは、2010年にレアル・マドリードの育成組織に入った。まずレアル・マドリード・カスティージャで試合経験を積んだ後、イングランド2部のダービー・カウンティ(2014-15)とスペイン1部のスポルティング・ヒホン(2015-16)で1シーズンずつプレーしたマスカレルは、2016年にアイントラハト・フランクフルトに移籍。同クラブでブンデスリーガ37試合(1得点)に出場し、フランクフルトが3-1でFCバイエルン・ミュンヘンに勝利した2018年のDFBポカール決勝に先発出場していた。

おすすめの記事

Christian Heidel und Sebastian Rudy

FCシャルケ04がドイツ代表ルディを獲得

 ドイツ代表として活躍する選手がシャルカーになる。FCシャルケ04が、昨季ブンデスリーガ優勝クラブのFCバイエルン・ミュンヘンからセバスティアン・ルディを獲得した。1990年2月28日生まれで28歳の同選手は、2022年6月30日までの4年契約を結ぶことになる。監督ドメニコ・テデスコのチームで、ルディは背番号13をつけてプレーする予定だ。

Axel Schuster und Hamza Mendyl

左SBハムザ・メンディルがシャルケに加入

 シャルケがモロッコ代表ハムザ・メンディルを獲得した。同左SBはフランスのリーグ・アン所属OSCリールからレヴィアに活躍の場を移した。

Domenico Tedesco

ドメニコ・テデスコがシャルケと2022年まで延長

 昨季ブンデスリーガ準優勝を果たしたシャルケは、今後の成功を示唆するようなニュースで2018-19シーズンをスタートする。FCシャルケ04は監督ドメニコ・テデスコと新しい契約を締結したのだ。これにより、2019年6月30日までだった同監督との契約は、3年延長されて2022年6月30日までとなった。

Benedikt Höwedes

ベネディクト・ヘーヴェデスがFCロコモティフ・モスクワに完全移籍

 FCシャルケのクラブ史に彼は明白な足跡を残した。そして新たなキャリアへの扉を開ける:ベネディクト・ヘーヴェデスがFCロコモティフ・モスクワに完全移籍することが決まった。同センターバック選手は暫定ロシア王者と2022年6月30日までの4年契約を締結し、元同僚ジェルソン・ファルファンとスポールディレクターのエリク・シュトッフェルスハウスと再び仕事を行うことになる。